1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

img_2
就職浪人する? 採用意欲ある企業に挑戦を

【Q】就職浪人するか、このまま就職活動を続けるべきか悩んでいます
【A】採用意欲の高い企業はまだたくさんあります。広い視野を持つことで可能性が広がります…

例年4月の就職者の2割前後は12月以降に就職先を決めているということ。平成28年入社予定者は、採用選考の解禁が4カ月繰り下げになったこともあり、採用意欲の高い企業はまだたくさんあります。来春卒業予定の学生に向けて就職情報を提供している「リクナビ2016」からプレエントリー(資料請求)できる企業は、「リクナビ2015」の同時期比で約5割増えています。…

「リクナビ2015」で、去年の12月3日時点でプレエントリーを受け付けていた業種の上位5つを紹介します。ここで紹介している業界だけで、プレエントリー可能な企業の4割超です。採用意欲の高い業界なので、まだ就職活動中の人は前向きに検討してみてはどうでしょうか。…

新卒向けの就職エージェント(職業紹介サービス)では、自分ではうまく伝えられない強みを、アドバイザーを通して企業に伝えてくれることも。思いがけない業界や企業を紹介され、自分の新しい適性に気づくこともあります。あきらめずに就職活動を続けたことで、3月31日に就職先が決まったという先輩もいます。…

全文はソースで:http://www.sankei.com/life/news/151111/lif1511110015-n1.html

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想


>【Q】就職浪人するか、このまま就職活動を続けるべきか悩んでいます
【A】採用意欲の高い企業はまだたくさんあります。広い視野を持つことで可能性が広がります…

この記事をざっくり言うと

・例年以上に内定者を確保できていない企業が多い
・採用枠はまだまだ空いており、採用継続している企業が続出
・無い内定者は採用イベントなどを有効活用して内定を獲得すべし

以下の記事でも紹介した通り、特に2016卒の就職活動では学生と企業のミスマッチが多発しまっている状況。

【参考記事】無内定速報:中小企業「助けて!就活生の内定辞退が止まらないの!」

5割以上の内定辞退率だから、これは完全に異常事態が発生しているといっても過言ではない。それくらい、今年の採用活動は(経団連のせいで)多くの企業にとって難しいものになってしまったわけだね。

これはつまり、企業が採用活動を終えられず、今でも必死に学生を欲しがっているということになる。その証拠に、、、

>例年4月の就職者の2割前後は12月以降に就職先を決めているということ。平成28年入社予定者は、採用選考の解禁が4カ月繰り下げになったこともあり、採用意欲の高い企業はまだたくさんあります。来春卒業予定の学生に向けて就職情報を提供している「リクナビ2016」からプレエントリー(資料請求)できる企業は、「リクナビ2015」の同時期比で約5割増えています…

前年同時期比でプレエントリー先が5割増というのは、まさに異常事態と言えると思う。これはつまり裏返すと、2016卒で無い内定の学生にとっては大きなチャンスと言えるのではないかな。例年のこの時期には募集すらしていなかった企業が、今では必死に採用活動を継続しているわけだからね。

もし、就職留年を考えているのであれば、まだ決断は早いと思う。例年のこの時期で無い内定であれば、確かに難しい面はあるかもしれないけど、2016卒は学生にとって良い意味で「異常事態」だからね。「アタリ年」と言っても過言ではないと思う。そんな恵まれた状況で、就職留年するのはもったいないと思うんだよね。

>「リクナビ2015」で、去年の12月3日時点でプレエントリーを受け付けていた業種の上位5つを紹介します。ここで紹介している業界だけで、プレエントリー可能な企業の4割超です。採用意欲の高い業界なので、まだ就職活動中の人は前向きに検討してみてはどうでしょうか。…

≪プレエントリーを受け付けている上位5業界(2014年12月3日)≫

1.専門商社
2.ソフトウェア・情報処理
3.建築・住宅
4.福祉関連
5.専門店

【参考記事】産経ニュース:就職浪人する? 採用意欲ある企業に挑戦を

上記は、2015卒の情報だから、今年は更に多くの業界が採用活動を継続しているってことだよね。その中には、優良な中小企業も含まれている可能性が高いので、諦めるのはまだ早いってことが分かってもらえると思う。

>新卒向けの就職エージェント(職業紹介サービス)では、自分ではうまく伝えられない強みを、アドバイザーを通して企業に伝えてくれることも。思いがけない業界や企業を紹介され、自分の新しい適性に気づくこともあります。あきらめずに就職活動を続けたことで、3月31日に就職先が決まったという先輩もいます。…

多くの学生にとって、優良な中小企業やベンチャー企業を探すのは、大変難しい作業になると思う。大手企業であれば、企業名に聞いた事のあるグループ名が入っていたり、身近な商品やサービスを扱っていることが多いから、割と簡単に見つけることができる。でも、中小企業やベンチャー企業は、そういった目に留まる要素が少ないから、どうしても受ける時のモチベーションがわきにくいんだろうね。

日本企業の99%以上が中小企業やベンチャー企業だと言われていることからも、多くの企業が学生の「知らない企業」なんだよね。でも、その中には確実に優良な企業も存在するので、まだ諦めるのは早いと思う。絶望に暮れる気持ちは分かるけど、諦めないで内定をとるためのアクションを起こすことをお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(諦めたら試合終了)

「中小企業やベンチャー企業の探した方が分からない」
「中小企業のことを知らないから、応募するモチベーションがわかない」
「選考プロセスを全て通過する自信がない」

こんな悩みを持っている学生は多いのではないかな。これらが負のループになって、腰が上がらなくなり、就活を放棄している学生も多いと思う。そんな学生にお勧めしたいのが、中小企業やベンチャー企業が集まるイベントです。

まず、イベント主催側で中小企業やベンチャー企業のフィルタリングをするので、一定以上の優良な企業が集まりやすい。更に、もし説明を聞いた企業に魅力を感じればその場で内定に直結する場合もあるのだから、自信が無い学生にもチャンスは大きいと思う。

参加したからといって、選考を受けなくてはいけないわけではないので、まずは行動を起こしてみることを進めます。家に篭って悲観していても何も進展は無いからね。頑張って行動を起こせば、気持ちも前向きになって、面接で魅力を伝えれるようになるはず。そうすれば、無い内定から脱却できるのだから、まずは第一歩を踏み出してみましょう。

以下、中小企業やベンチャー企業が集まるお勧めのイベント及びサービスです。

ミーツカンパニー

参加企業1000社以上で、参加者就職率96%、内定獲得実績3000名以上という桁違いに素晴らしい実績のあるイベント。例年の就活でこの実績だから、今年であれば無い内定学生にとって更に魅力あるイベントになっているはず。何より凄いのが内定直結型のイベントになっているところ。無い内定に絶望している学生にとって、もしかしたらイベント参加時に内定が出るかもしれないイベントです。参加しない手はないかと。

このニュースをシェアする


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou