1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

ブラック企業

21時間勤務、過労の果ての事故死「キラキラした人生はたたきつぶされた」母が涙ぐむ

若者の過労死の問題や、雇用対策を考えるシンポジウム「若者の過労死とブラック企業、若者の雇用対策のいま~渡辺航太さん過労事故死事件を通じて~」が開催された。…

会社からの帰宅途中、バイク事故で亡くなった渡辺航太さん(当時24歳)の母・淳子さんは、「頑張り屋で、言われたことはやり遂げる子。だからこそ、好きなように使われてしまったのかな」と、声を震わせ、時には涙を浮かべながら語った。…

「過労のため居眠り運転でした。事故の目撃者によると、『すいこまれるように歩道に寄っていき、電柱にぶつかった』ということです」…

航太さんは大学卒業後の2013年10月、商業施設などに観葉植物を装飾する会社(本社・東京都)にアルバイトとして入社した。いずれ正社員になることを期待して、アルバイトとしての就労を承諾したという。…

同社のハローワークの求人票には、「就業時間 8時50分~17時50分」「時間外 月平均20時間」などと書かれていたが、実態は求人票の表記とは全く異なっていた。…

「先輩から『手がもげても、足がもげても働け』『苦しい顔をするな、いつも笑ってろ』『さすが平成生まれだね』と言われることもあり、パワハラ体質があったと思う。それでも、正社員として働きたいと頑張っていたのではないか」…

就活を一からやり直すのは本当に辛かったのでしょう。我慢して、正社員になれば、他の社員と同じようにもう少し勤務時間も楽になるはずだと、本人も迷いながらも手を抜かず頑張っていました。…

前日の午前11時からその日の朝8時までの約21時間、仮眠も取らずに働いていた航太さんは、自宅への帰宅途中、バイク事故を起こし、死亡した。淳子さんは、「彼のキラキラと輝いた人生はたたきつぶされてしまった」と語る。…

全文はソースで:https://www.bengo4.com/roudou/n_3792/

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>航太さんは大学卒業後の2013年10月、商業施設などに観葉植物を装飾する会社(本社・東京都)にアルバイトとして入社した。いずれ正社員になることを期待して、アルバイトとしての就労を承諾したという。…当該企業のハローワークの求人票には、「就業時間 8時50分~17時50分」「時間外 月平均20時間」などと書かれていたが、実態は求人票の表記とは全く異なっていた。…

この記事をざっくり言うと

・21時間労働、月の残業134時間という過酷な労働で過労のため事故死
・先輩から『手がもげても、足がもげても働け』『苦しい顔をするな、いつも笑ってろ』『さすが平成生まれだね』などのパワハラ
・求職者はどうやってブラック企業から身を守れば良いか


こんな超絶ブラック企業がのうのうと営業していることも腹立たしいけど、それよりもこんな企業が他の優良企業と並べてハロワで紹介されていることも大問題だと思う。

【参考記事】無内定速報:ハロワに新卒求人が出せなくなる?ブラック企業対策法が成立へ

ハローワークという公的機関が、21時間も働かせて死に追いやるような企業を紹介しているとか許されるべきことじゃないよね。申告上は、「就業時間 8時50分~17時50分」と書いていたみたいだけど、真っ赤な大嘘なわけで。事務的で主観的な書類申請だけで、ハロワの職員が受理しているのが明らかになったね。求職者に口頭で紹介する時も、「就業時間は17時50分なんで、趣味の映画鑑賞にも時間を使えますよ!」と言っているのかと思うと・・・

ハロワに求人を出す企業は有料の求人媒体に出す金が無いケースが多い。そういう企業は、「業績が悪い→離職率が高い→評判が悪い→口コミで人が集まらない→人手不足→有料の求人が出せない→ハロワの無料求人」といった負のループに陥っている場合が多いから、どうしても質の低い求人ばかりになるんだよね。ハロワ求人にも地域の優良企業が含まれているのは理解しているし、そもそもハロワは中小企業の味方でいなくてはいけないんだけど、現実としてブラック企業の味方もしてしまっている時点で、公的な機関として明らかな欠陥があると思う。

>「先輩から『手がもげても、足がもげても働け』『苦しい顔をするな、いつも笑ってろ』『さすが平成生まれだね』と言われることもあり、パワハラ体質があったと思う。それでも、正社員として働きたいと頑張っていたのではないか」…
就活を一からやり直すのは本当に辛かったのでしょう。我慢して、正社員になれば、他の社員と同じようにもう少し勤務時間も楽になるはずだと、本人も迷いながらも手を抜かず頑張っていました。…
どっかのおばさんが「過労死は自己責任」だとほざいてたね。

【参考記事】無内定速報:女社長「過労死は自己責任、働かない若者には労役を課すべき」

セレブで世間知らずなおばさんは、この事件を知っても同じことを言えるのだろうか。シンポジウムの内容を見る限り、航太さんは明らかに真面目で一生懸命な青年だった。だからこそ、パワハラをされても尋常じゃない労働時間であっても頑張り続けたんだろうね。誠実な人が報われない異常な労働環境が「自己責任」で済まされるわけがないよね。

知り合いの中でも、鬱病になって退職する人は大抵が真面目で誠実な人なんだよね。不真面目で捻くれた人が職場から弾かれるなら分かるけど、これだけ全うな人が辞めていっているということは、隠れブラック企業やブラックな職場がどれだけ多いことか。

航太さんが会社辞めなかった理由に、就活をもう一度やりたくないというのもあったみたいだね。新卒時の就職難が、こんな形で影響するとは本当に残念。就職難だと、ブラック企業に人が流れ込むし、再就職が難しいと感じて辞めにくくなるしで、この事件はある意味で就職難の闇を映し出しているとも言えるかも。

>前日の午前11時からその日の朝8時までの約21時間、仮眠も取らずに働いていた航太さんは、自宅への帰宅途中、バイク事故を起こし、死亡した。淳子さんは、「彼のキラキラと輝いた人生はたたきつぶされてしまった」と語る。…

遺族側はそのブラック企業に対して1億651万円の賠償責任を提訴したみたいだね。パワハラ発言などを見る限り、そのブラック企業が自ら非を認めるとは思えないけど、こういった非人道的な企業が人材採用において二の足を踏んでしまうような結果になればいいなと思う。

新しい法案により、ハロワに求人を出す企業は離職率や残業時間を申請しなくてはいけないわけだけど、その申請に信憑性があるのかが問題。恐らく、書類申請の項目を増やした程度では、ブラック企業の求人を無くすことは難しいと思う。ワタミのようにブラック企業だけど金がある会社は堂々とリクナビにも求人が出せてしまうことからも、ブラック企業に入らないためには自分で現場社員にヒアリングするなどして調べるしかないのかも。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou