1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

テレアポ,仕事
 
電話でしつこく勧誘 カニ販売業者を処分

断る客にしつこく電話をかけ続け、「金賞を受賞した」などとうそをついて全国の家庭にカニの販売を行い、強引な勧誘などを禁止した特定商取引法に違反したとして、消費者庁と関東経済産業局は札幌市の2つの海産物販売会社に対し、電話勧誘の業務を3か月間停止する命令を出しました。

電話勧誘の業務を停止するよう命令を受けたのは、いずれも札幌市中央区の海産物販売会社「Kyoei」と「北一グルメ」です。

消費者庁と関東経済産業局によりますと、2つの会社は全国の家庭に電話をかけ、断る客にしつこくカニの購入を勧めていたほか、「金賞を受賞したカニだ」とか「以前も商品を買ってくれた人に特別に連絡している」などとうその内容を告げていたということです。

全国の消費生活センターには、この2つの会社に関するトラブルなどの相談がおととし以降、これまでに合わせて130件余り寄せられているということです。…

勧誘の「マニュアル」作る

今回、業務停止命令を受けた2つの会社では、電話勧誘に当たる従業員向けに、うその宣伝文句を告げたり、一度断った客に再度勧誘するためのマニュアルが作られていました。

このうち、「Kyoei」のマニュアルには、会話の語り出しとして、「以前海産物のお届けでお世話になったご縁で電話した」と、これまでに利用したことがある会社と思われるような会話から始めると記されています。…

電話勧誘などの規制強化を検討

企業が家庭や職場にいる消費者に商品の購入をもちかける「電話勧誘」と「訪問販売」を巡っては、ここ数年、トラブルが大幅に増えていることから、国の消費者委員会は、こうした勧誘の規制を強化すべきか、特定商取引法の見直しに向けて検討を進めています。

電話や訪問による商品の販売などに関するルールを定めた特定商取引法では、一度断った消費者に再び勧誘を行うことは禁じられています。しかし、全国の消費生活センターには「しつこく商品を勧められた」など、電話勧誘に関する相談が、去年3月までの1年間に9万2000件余り寄せられ、5年前の2倍以上に増えています。また、訪問販売に関する相談も5万1000件余り寄せられ、5年前より3000件余り増えています。…

ただ、こうした動きに対して、自動車販売会社や新聞各社など企業の間からは「健全な営業も妨げられるおそれがある」などとして、規制の強化に反対する声も上がっています。

全文はソースで:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150709/k10010144891000.html

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>断る客にしつこく電話をかけ続け、「金賞を受賞した」などとうそをついて全国の家庭にカニの販売を行い、

時代錯誤な感じもするけど、未だにこういう会社っていっぱいあるんだよなぁ…。気合いと根性だけの精神論で生き残ってきた感じ。

>電話勧誘の業務を停止するよう命令を受けたのは、いずれも札幌市中央区の海産物販売会社「Kyoei」と「北一グルメ」です。

札幌って前も似たような有名な海産物の販売会社が業務停止命令をくらってなかったっけ?

札幌も仕事ないって聞くからなー。若い人がこういう会社で労働力の搾取をされてるかと思うと何とも言えない気持ちになる。

>今回、業務停止命令を受けた2つの会社では、電話勧誘に当たる従業員向けに、うその宣伝文句を告げたり、一度断った客に再度勧誘するためのマニュアルが作られていました。
トークスクリプトはテレアポの基本だからね。自分も新卒で社会人になってから長いこと新規開拓営業をやっていたのでここら辺の事情はよく分かる。どんなことを言われても聞かれても結局買わせる方向に持っていくってやつ(自分の場合はアポを取る、だったけど)。

>このうち、「Kyoei」のマニュアルには、会話の語り出しとして、「以前海産物のお届けでお世話になったご縁で電話した」と、これまでに利用したことがある会社と思われるような会話から始めると記されています。

典型的なテレアポ会社のやり方だね。200件かけて1件引っ掛かれば良いからとにかく電話をしろ、ってタイプ。そんな覚えはありませんと言われたら「あれ〜?そうでしたっけ?間違えました!失礼します!」と言ってシラを切って、そういえば前お願いしたっけ?と相手が勘違いしたら「はい!そうです!ご無沙汰しております!」とか言って話を進めるやつ。どんな受け答えをされても対応出来る完璧なマニュアルさえあればバカでも出来るからハロワとか安い求人媒体にはこういう害悪会社がゴロゴロあるという。

似たようなやり取りは消防器とかの訪問販売業者がよく使う手口にもあるね。消防署の方(向)から来ましたといって消防署の人間だと錯覚させるやつ。

>全国の消費生活センターには「しつこく商品を勧められた」など、電話勧誘に関する相談が、去年3月までの1年間に9万2000件余り寄せられ、5年前の2倍以上に増えています。また、訪問販売に関する相談も5万1000件余り寄せられ、5年前より3000件余り増えています。

訪問営業も電話営業も基本的には営業代理店がやることが多いけど、彼らはとにかく数字を上げなければ(商材が売れなければ)即死亡に繋がるからとにかくコール(電話)しろ、飛び込み(営業)しろ、みたいな気合いと根性が全ての会社になっちゃうことがほとんどだね。

個人的には百害あって一利なしなのでこういう会社には早く潰れて欲しいところ。うちのマンションにもよく飛び込み営業の若い人が来るけど断られ続けたのか、泣きそうな顔で「お願いします…話だけでも聞いてください…」と言われる身にもなってくれよと。少しでも情を見せて反応しちゃうとしつこく食い下がられるから何を言われてもガン無視するけど。

と、いうことで新卒の皆は間違ってもこういう会社には行かないことをオススメする。マニュアル通りに動く機械(使い捨ての歯車)になるだけなのでスキルも付かないしキャリアアップも難しいので。会社の事業内容に「営業代行」というのがあったらこういうタイプなので要注意。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou