1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

日本生産性本部
 
今春の新入社員は「消せるボールペン型」 柔軟性あり、熱血指導への耐性はなし

毎年、新入社員の特徴を物などに例えている「日本生産性本部」(東京都渋谷区)は24日、平成27年度の新入社員について、柔軟性を持つが、厳しい指導には耐性が低い傾向にあるとして「消せるボールペン型」と名付けた。

同本部は今春の新入社員について、現役生なら東日本大震災直後に大学に入学しており、ボランティアなど状況の変化に対応してきた世代と分析。…

一方、消せるボールペンは高温下で文字が消えることになぞらえ、上司が熱血指導すると、個性を失い、離職する危険性をはらんでいると指摘。同本部は「若いうちは何度も書き直しができると思い、チャレンジしてほしい」。

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000554-san-bus_all

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>毎年、新入社員の特徴を物などに例えている「日本生産性本部」(東京都渋谷区)は24日、平成27年度の新入社員について、柔軟性を持つが、厳しい指導には耐性が低い傾向にあるとして「消せるボールペン型」と名付けた。

これって結局のところ「その年のヒット商品or普遍的なアイテムに若者叩きの理由を加えたもの」で毎年これを考えてるのが天下り団体の高給取りだと考えると草も生えない。一体誰得なんだか…。新入社員の面倒を見るおっさん達が「あるあるwwwwこれだから最近の若者は…」とか言いながら場末の居酒屋で酒の肴にして喜ぶくらいかな。

>一方、消せるボールペンは高温下で文字が消えることになぞらえ、上司が熱血指導すると、個性を失い、離職する危険性をはらんでいると指摘。

毎年それなりの理屈が通っているところがあるけど今年のこれは結構無理があるような…。というかこんなの毎年の傾向でしょw
なおこれまでの新入社員の特徴は以下の模様(wikiより)

1973年 パンダ型
1974年 ムーミン型
1975年 カモメのジョナサン型
1976年 たいやきクン型
1977年 人工芝型
1978年 カラオケ型
1979年 お子様ランチ型

1980年 コインロッカー型
1981年 漢方薬型
1982年 瞬間湯沸かし器型
1983年 麻雀牌型
1984年 コピー食品型
1985年 使い捨てカイロ型
1986年 日替わり定食型
1987年 テレフォンカード型
1988年 養殖ハマチ型
1989年 液晶テレビ型

1990年 タイヤチェーン型
1991年 お仕立券付ワイシャツ型
1992年 バーコード型
1993年 もつ鍋型
1994年 浄水器型
1995年 四コママンガ型
1996年 床暖房型
1997年 ボディシャンプー型
1998年 再生紙型
1999年 形態安定シャツ型

2000年 栄養補助食品型
2001年 キシリトールガム型
2002年 ボディピロー型
2003年 カメラ付ケータイ型
2004年 ネットオークション型
2005年 発光ダイオード型
2006年 ブログ型
2007年 デイトレーダー型
2008年 カーリング型
2009年 エコバッグ型

2010年 ETC型
2011年 はやぶさ型
2012年 奇跡の一本松型
2013年 ロボット掃除機型
2014年 自動ブレーキ型

あれ?これを見るともっと真面目に考えようよと説教したくなるような…。

熱血指導といえば全国各地の会社で「修造カレンダー」なるものが流行ってるらしいけど、自分は修造タオプ大嫌いなんだよね。個人的にはあれって最強の思考停止な気がする。

スポーツ選手は修造タイプで良いと思うけど企業や選手を指導するコーチが思考停止で「もっと熱くなれよ!気合入れろよ!根性出せよ!」ってなって精神論ありきになってしまうと気合や根性で解決出来ない問題に直面した時に動けなくなるし、それに感応した人間しか組織に残らなくなるから組織の柔軟性が失われる可能性もあると思うし。某ブラック居酒屋チェーンみたいにね。

どちらにせよ当の15卒の人たちがこの「消えるボールペン型」を見てどう思うかの感想が気になるところ。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou