1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

NHK,年収
 
NHK スマホとPCから受信料でプロバイダー代行徴収案も出る

いまNHK局内では、新たな受信料の料金体系について「“頭の体操”が行なわれている」(幹部局員)。ネット利用者からの受信料徴収を想定した言葉だ。

「若い世代を中心に増えている『テレビはないけど、インターネットが使える世帯』は、地上波のみの受信料である月額約1300円よりも少し安くしてはどうかという案がある。1000円くらいなら若者でも払えるのではないかという仮説だ。…

この“頭の体操”では、徴収を他人任せにする検討まで行なわれている。例えばネット利用者を捕捉すること自体が難しいから、プロバイダーに代行徴収してもらって、一括で支払ってもらうのがいいのではないか──というものだ。

国会で近く始まるNHKの予算審議で大きなテーマとなりそうなのが、この「ネット利用者からの受信料徴収を狙うNHKの新経営方針」(衆議院総務委員会所属の野党議員)についてだ。…

「今後は番組だけでなく、『情報を売る』組織へ変貌を遂げる。テレビ放送だけで生き残りを図るのは公共放送でも難しい時代になり、ネット分野に活路を求めた。ネット配信のコンテンツは『放送』といえるのかという微妙な問題もあり、放送法を改正する必要が出てくるかもしれない」…

NHKが見据えるのは、テレビを視聴しない環境にあっても、ネットに繋がっている国民から受信料をあまねく徴収しようというものだ。NHKにとっては一気に大幅増収が可能になる。…

〈(総務省は)テレビのない世帯からも料金を徴収する検討を始める。パソコンなどネットを持つ世帯に納付義務を課す案のほか、テレビの有無にかかわらず全世帯から取る案も浮上している〉(総務省放送政策課は「まだ何も決まっていない」と記事を否定)

全文はソースで:http://www.news-postseven.com/archives/20150302_306822.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>1000円くらいなら若者でも払えるのではないかという仮説だ。

視聴者のためになる良い番組を作った先に受信料の支払いがあるのではなく、どう解釈を拡大して法律を改正し全世帯から受信料を取るかということしか頭にないようで。法人運営には全く支障のない十分に綺麗な現社屋があるのに3,000億円かけて新社屋を建てようというほどには頭の中がバブル脳らしい。

【参考記事】
①無内定速報:NHKの平均年収はたったの1,800万!安月給のためネット徴収も視野に
②無内定速報:【悲報】受信料値上げを発表したNHKが3,000億の新社屋を建設へ

なお3,000億円で買えるものは下記のような感じ。

フジテレビ:1,500億円
TBS:1,400億円
日本テレビ:1,100億円
テレビ朝日:500億円
東京スカイツリー:650億円
あべのハルカス:760億円
東京ディズニーランド+東京ディズニーシー:3,000億円
オスプレイ:30機
そうりゅう型潜水艦:5隻
イージス艦:2隻

>例えばネット利用者を捕捉すること自体が難しいから、プロバイダーに代行徴収してもらって、一括で支払ってもらうのがいいのではないか──というものだ。
これが可能になったら二重・三重の徴収が起こりそう。今もNHKの代金徴収はゴリゴリの営業代行会社にやらせているケースが多いからなー。徴収員が強引でガラが悪いのはそういう理由だったり。決して自分たちの手を汚さない姿勢はさすがのエリート様という感じ。

>NHKが見据えるのは、テレビを視聴しない環境にあっても、ネットに繋がっている国民から受信料をあまねく徴収しようというものだ。NHKにとっては一気に大幅増収が可能になる。

受信料に見合うそれ相応のコンテンツを提供してくれるんなら喜んで払うけどね。偏向報道や政府の広報機関と化している現状もあるし、自分もテレビ機能付きのPCを買い換えてテレビが見れなくなったら解約するだろうな。てかどうやって解約するんだろうと思ってNHKのサイト見たら酷いな。「強制執行しました」情報ばかりでまるで脅しているかのよう。

送りつけ商法同様に「テレビの視聴設備があるなら受信料を払えよ」じゃなく、「良質なコンテンツを提供しているのでそれ相応の費用をください」という姿勢に変わらない限り受信料支払いへの拒絶感は高まる一方だろうなー。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou