1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

メーカー,凋落

東芝 テレビ自社生産から撤退へ

テレビ事業の抜本的な見直しを進めている「東芝」は、インドネシアの生産拠点のほか、エジプトの合弁工場も売却する方針を固め、自社生産から撤退する見通しになりました。

一方、日本国内にかぎっては、生産を海外メーカーに委託して自社ブランドでの販売を続けることになります。…

東芝は韓国や中国のメーカーとの競争の激化などで、テレビ事業が3年連続の赤字となったことから、抜本的な見直しを進めていました。…

日本メーカーのテレビ事業を巡っては、韓国や中国のメーカーの世界シェアが拡大するなか、事業を縮小する動きが広がっています。

このうち、日立製作所は平成24年にテレビの自社生産を終了し海外のメーカーに生産を委託して、ヨーロッパの一部で販売を続けています。

またシャープも、採算が悪化しているヨーロッパでのテレビの自社生産から去年撤退し、現地の企業に委託しているほか、ヨーロッパでの自社販売からも撤退しています。

さらにパナソニックは中国では唯一の生産拠点だった山東省の工場でのテレビの生産を先月終了し、北米向けにテレビを生産しているメキシコでの生産からも撤退する方向で調整を進めています。

全文はソースで:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150203/k10015184381000.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>テレビ事業の抜本的な見直しを進めている「東芝」は、インドネシアの生産拠点のほか、エジプトの合弁工場も売却する方針を固め、自社生産から撤退する見通しになりました。

この判断は妥当だと思う。これからますますテレビの需要は少なくなるだろうし。東芝は電力・交通なんかのインフラ系も強いんだし、toC向けを捨てて世界のインフラ整備とか対海外政府でやっていった方が良いような。あと最近では医療機器の開発やヘルスケア領域にも力を入れているようだし、東芝の高い技術力を活かすには中国・韓国と価格競争してちゃいけないと思う。

>一方、日本国内にかぎっては、生産を海外メーカーに委託して自社ブランドでの販売を続けることになります。

海外メーカーに委託ってことは中身はほぼ別物ってことなのかな。日本国内なら東芝のロゴマークを付けてるだけで高価格でも高齢者を中心としたテレビ命・日本のメーカー命の層にまだまだ売れると踏んだのか…。良い判断だと思うけど、その判断はある意味でテレビの凋落を象徴しているような気もする。

>このうち、日立製作所は平成24年にテレビの自社生産を終了し海外のメーカーに生産を委託して、ヨーロッパの一部で販売を続けています。

東芝もそうだけど特に日立はソニーやシャープと違ってインフラ系やtoB向け商売が圧倒的に強いからなー。選択と集中という意味では日立も良い判断だと思う。

>さらにパナソニックは中国では唯一の生産拠点だった山東省の工場でのテレビの生産を先月終了し、北米向けにテレビを生産しているメキシコでの生産からも撤退する方向で調整を進めています。
パナは方針転換をしてから好調のようで。円安の影響もあるだろうけど、14年4~12月期の業績が営利10%増とか。テレビ事業の赤字もあったけどそれ以上に最近力を入れている車載と住宅関連事業が好調でテレビの赤字分を吹き飛ばしたとのこと(ロイターより)。選択と集中で中韓に価格で勝てない家電分野を捨て自社が勝てる分野での勝負に切り替えたことで一気に身軽になった模様。

【参考記事】無内定速報:パナソニック社長「日本の家電はもうダメだ」

日本のメーカーも上手く選択と集中をしている所が一時の落ちっぷりからいち早く回復しているイメージがあるけど、人的にも技術的にも自社の経営資源を上手く活用出来ないとこれからの時代を生き残るのは難しそうだ。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou