1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

格差是正
 
ピケティブーム 財務省、格差論に警戒感

30日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、今年夏の歳出歳入改革のとりまとめに向けた議論が本格的に始まった。社会保障を中心とする歳出の抑制が焦点だが難航は必至だ。政府内では、格差是正を訴える仏経済学者、トマ・ピケティ氏の著書をきっかけに財政改革の機運が衰えるとの懸念も浮上する。…

全文はソースで:http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82633250R30C15A1EE8000/

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>政府内では、格差是正を訴える仏経済学者、トマ・ピケティ氏の著書をきっかけに財政改革の機運が衰えるとの懸念も浮上する。

本屋なんかに行くとピケティブームがすごいことが分かるけど、財務省が想定している格差に不満を持たれると困るような人達はそもそも本屋にも行かないだろうし、ピケティのことも知らないと思う。そうした人達の情報源は基本TVだろうし、もしピケティが池上彰さんみたいにゴールデンタイムに番組を持つようになったら格差是正論は大きくなるだろうね。

現在来日中で東大で公演した内容がネットでもバズっているけど、大きく下記のようなことを話したみたい。気になる人は各ソースで。

NHKニュース:ピケティ氏「若い人たち優遇の政策を」
朝日新聞デジタル:ピケティ氏、東大で熱弁 格差の世襲化に危機感
毎日新聞:ピケティ氏:東大で講義 「極端な不平等は脅威になる」

①格差是正のために若者を優遇すべき
②世襲社会が復活している
③極端な不平等はやがて脅威に繋がる

①に関しては理想だけど日本の人口ピラミッドの構成上、どう考えたって高齢者優遇社会になるのは仕方がないのかなと。よく「若者が選挙に行かないのが悪い」とか言うけど、若者が全員選挙に行ったって老人票をひっくり返せない現実がある訳だしこれは年齢に応じた票数制度(20歳:2票、60歳:1票)とかにしないと若者優遇の社会には出来ないかと。
②に関してはその通りだと思う。親の年収と子供の学力が比例している調査が結果が出ていたり(東大生の親の平均年収は1,000万近くとか)、中卒の子供の大半は中卒だったりとか生まれながらに人生イージーモードかハードモードが決まってしまう現実はあるかと。ピケティは累進課税を強化して富裕層からはより多くの税金を、貧乏人からは少しの税金を取るようにした方が良いとしているけど、これで一番割りを食うのは中間層~プチ富裕層だと思うので(富裕層は徹底して税金対策してくるはず)個人的には企業の内部留保に課税して人的・物的に投資を促すようにした方が経済循環は良いんじゃないかと思う。

③に関してもその通りだと思う。格差拡大で懸念すべきはこれじゃないかと。不平等が行き過ぎるとその反動で治安が悪化したり消費が生まれなくなったりと結果的に経済の停滞・やがては崩壊に繋がってしまうので格差による不平等はほどほどにすべきだと思う。

と、財務省まで懸念するという今年は日本でも本格的なブームになりそうなピケティの話題でした。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou