1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2015/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

教育,北教組

第1・第3日曜はゲーム禁止

子どもたちの学力の低迷はゲームのしすぎにも原因があるとして、道教委などは、毎月第1・第3日曜日は子どもたちがゲームをしない、「ノーゲームデー」とするよう呼びかけています。

道内の子どもたちの全国学力テストの成績は、全国平均を下回っていて、道教委は、長時間ゲームをする子どもたちが多く、家庭学習の時間がゲームに取られてしまっていることにも原因があるとみています。…

また、第1日曜日にあたる2月1日には、ゲームをしないで親子で楽しんでもらうため、道内各地で、スノーラフティングや釣りなどを体験するイベントを開くことにしています。

道教委・生涯学習課の浅井真介課長は、「ゲームから離れることで、家族との団らんや友人との体験学習の時間が増え、望ましい生活習慣の定着につながれば」と話しています。

全文はソースで:http://www.nhk.or.jp/sapporo-news/20150126/4884601.html

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>道内の子どもたちの全国学力テストの成績は、全国平均を下回っていて、道教委は、長時間ゲームをする子どもたちが多く、家庭学習の時間がゲームに取られてしまっていることにも原因があるとみています。

北海道すごいなw まさか教育委員会がこんなトンデモ提案をするとは予想の斜め上すぎるw

北海道を代表する教育機関がこれだと全国平均を上回るのは無理そうですね…。というか、もしこれが本当なら北海道の子供と他県の子供のゲーム時間と成績を比較して相関関係があることを客観的に示す必要があるのでは。「ゲーム悪」な発想はいかにも昭和のステレオタイプといった感じ。

>また、第1日曜日にあたる2月1日には、ゲームをしないで親子で楽しんでもらうため、道内各地で、スノーラフティングや釣りなどを体験するイベントを開くことにしています。
ゲームをしないでラフティングや釣りをすることで成績が上がるんだろうか。これも実証する必要があるように思える。「子供の基礎体力を上げるため」なら理解出来るけど。

>道教委・生涯学習課の浅井真介課長は、「ゲームから離れることで、家族との団らんや友人との体験学習の時間が増え、望ましい生活習慣の定着につながれば」と話しています。

あーもう(論理が)めちゃくちゃだよ。学力低下を防ぐために詰め込み型の授業内容を工夫するとか自分たち教育者側の改善案はないんですかね…。

というか北海道は北教組の影響が強く教育内容に偏りが大きいことで有名だよね。まずは自分たちの思想を押し付ける教育を止めてきちんと国の学習指導要領によって授業を進めるだけで大分改善したりして。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou