1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

老害,マスメディア
 
「1万円の松阪牛より現金3000円」 現代の若者は幸福なのか不幸なのか?

12月22日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、大学生の食生活が特集された。その中で、学生に「もらうなら1万円分の最高級松阪牛か、現金3000円か」と聞くという企画が行われ、ネット上で話題を呼んでいる。

番組によると、大学生の「半数近く」が現金3000円を選択。使い道を聞くと「セブンイレブンのおにぎり30個!」と回答し、別の男子学生も「肉は好きだけど肉なら何でもいい」と語った。高級なグルメにはあまり関心がないらしい。

高齢者ツイッター「イヤイヤ生きてる若者が多くなった気はしていた」

この結果について、大学生の食生活を研究している専修大学の佐藤康一郎准教授は番組で、「デフレの時代が長く続いているので、(今の学生は)比較的低い金額でお腹いっぱいになることができる」と指摘。そのため、高くて良いものを食べたいという欲求が低くなっていると説明した。…

この番組を見たある男性は、ツイッターに「驚いた!」と投稿。今の若者が「我々ジジイと話しが合わない筈だ」と嘆く。…

この投稿はネットで話題となり、5500件もリツイートされ、反論も多数寄せられている。ツイッターのプロフィール欄によれば、男性は1931年生まれの83歳。…

反論を受けてこの男性は、「若者と爺いの価値観違うのは当然」ともツイートしているが、松阪牛を食べたいと思わない、欲のない若者が多いことが「心配」なのだという。…

ある女性ユーザーは、学生が現金を選ぶのは「食に興味がない」のではなく、「日本が豊かになった証拠」だと指摘。かつて、昭和の時代には「ビフテキ」がご馳走として喜ばれたが、他にも美味しいものがたくさんある「飽食の時代」にあっては、ステーキが全ての人の好物とは限らない、というわけだ。他のツイッターユーザーも、「用途を限定された贅沢よりも、自由に用途を選べるささやかな幸せを好む者もいる」と反論する。…

全文はソースで:http://news.nicovideo.jp/watch/nw1379295

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>番組によると、大学生の「半数近く」が現金3000円を選択。使い道を聞くと「セブンイレブンのおにぎり30個!」と回答し、別の男子学生も「肉は好きだけど肉なら何でもいい」と語った。

もし自分が同じ質問をされたとしても現金3,000円を選ぶかな。松坂牛じゃなく寿司だったとしても。というのもたった1回の食事で1万円分を消費して何も残らないよりも現金3,000円を貰ってビジネス書3冊を買って読んだ方がよっぽど投資効率が良いと思うから。本なら何回でも読めるし3,000円分の本で得た知識を仕事なりプライベートなりで10,000円以上の価値に変えることも出来ると思うので。

>この結果について、大学生の食生活を研究している専修大学の佐藤康一郎准教授は番組で、「デフレの時代が長く続いているので、(今の学生は)比較的低い金額でお腹いっぱいになることができる」と指摘。そのため、高くて良いものを食べたいという欲求が低くなっていると説明した。
これはあると思う。20代の若者は中高・大学の頃にデフレ不況下の100円マックや250円牛丼といったいわゆる「コスパの良い食べ物」を重視して食べて育ってきた世代だと思うので、高い食べ物はそれほど魅力的なものに見えないのかもしれない。生まれた時から不況だから質素倹約という概念が頭の中に刷り込まれているとも思うし。

あとはネットの台頭もあって価値観が多様化したというのが大きいのではないかと思う。マスメディアが作り上げてきた単一的な価値観の押し付けもバブル世代より下の世代には通用しないんじゃないかな。

>反論を受けてこの男性は、「若者と爺いの価値観違うのは当然」ともツイートしているが、松阪牛を食べたいと思わない、欲のない若者が多いことが「心配」なのだという。

「Greed is good.」強欲は善の発想かな。ブランド品を身にまとい高級食材を口にする、そんな消費活動が善とされる時代はとっくに終わったと思うけど。

>他のツイッターユーザーも、「用途を限定された贅沢よりも、自由に用途を選べるささやかな幸せを好む者もいる」と反論する。

これが大きいだろうなー。食に使うよりも趣味にお金を使うことが好きな人もいる訳だし、今はネットがあるおかげで同じ趣味の人同士が世界中で繋がることが出来る時代だから個人レベルで贅沢の概念がより幅広くなってるんじゃないかと思う。

良い時代になったものだ。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou