1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

大学受験,新制度

中教審 新しい大学入試平成32年度から実施を

文部科学省の中教審=中央教育審議会は、大学入試センター試験に代わる新たなテストを平成32年度から実施するよう、下村文部科学大臣に答申しました。知識を覚えることに偏りがちな現在の試験から、知識の活用や思考力を評価する試験に転換させる必要があるとして、複数の教科にまたがる問題や記述式で答える問題も導入するよう求めています。…

答申では、現在の大学入試は知識を覚えることに偏りがちで1点刻みの選抜になっているとして、知識の活用や思考力などを総合的に評価するものに転換する必要があるとしています。

そのうえで、現在の大学入試センター試験を廃止して平成32年度から新しく「大学入学希望者学力評価テスト」を実施するとしています。

このテストでは、▽複数の教科にまたがる問題を導入するほか、▽マークシート方式だけでなく記述式で答える問題や、▽英語については「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能をはかるため外部の試験を活用すること、▽成績は1点刻みではなく段階別に示すことなども検討していくとしています。また、各大学に対して、筆記試験だけでなく小論文や面接などでも評価し、多様な学生を確保するよう求めています。

さらに、高校在学中に学習の到達度をはかるため「高校基礎学力テスト」を新設し、高校2年生と3年生の希望者が年に複数回受験して、進学や就職の際の学力証明として活用できるようにするとしています。…

現在の大学入試センター試験はマークシート方式ですが、記述式で答える問題を導入するとしています。新たなテストは年に複数回、実施するとしていますが、回数や実施時期は高校や大学関係者を含めて今後、協議する予定です。…

現在の大学入試センター試験は、共通一次試験に代わって平成2年に始まりました。このときは少数の科目でも受験できるようにしたほか、私立大学も試験結果を利用するようになりましたが、試験の在り方そのものを見直す抜本的な改革は、実現すれば共通一次試験が導入された昭和54年以来となります。

ただ、今回の大学入試改革に対しては懸念の声もあります。民間の研究機関が高校の校長を対象に行ったアンケート調査では、テストを複数回行うことについて、学校行事を大幅に組み替えたり部活動に参加する生徒が減ったりといった影響を懸念する声や、「高校生活が受験一色になってしまう」という意見もあったということです。

全文はソースで:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141222/k10014191461000.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>知識を覚えることに偏りがちな現在の試験から、知識の活用や思考力を評価する試験に転換させる必要があるとして、複数の教科にまたがる問題や記述式で答える問題も導入するよう求めています。

メリットデメリットあると思うけど、こういう観点からは良い施策なのではないかなと思う。これからますます少子化が深刻になっていく中でいかに子供1人あたりの能力を高めていく教育をするかが大事になってくると思うし。

大半の人にはメリットになるけど、ドラゴン桜みたいな底辺校からの逆転劇だったり他者との円滑なコミュニケーションを図るという部分では劣っているが数学や物理の問題を解くことに関しては秀でた能力を持っているといったいわゆる天才型のような人にとってはデメリットになりそう。

>このテストでは、▽複数の教科にまたがる問題を導入するほか、▽マークシート方式だけでなく記述式で答える問題や、▽英語については「聞く・話す・読む・書く」の4つの技能をはかるため外部の試験を活用すること、▽成績は1点刻みではなく段階別に示すことなども検討していくとしています。
複数の教科にまたがる総合問題みたいなのは対策されにくそうだし受験生じゃないからこんなこと言えるけど客観的に見ると面白そう。英語についてはこれを読む限りTOEICやTOEFLの成績を活用するということなのかな?

大学入試は1点差で受かる落ちるがあるからこそ燃えるというかドラマがあると思うんだけど、段階別にするというのは採点側からすると合否判定が煩雑になりそう。

>さらに、高校在学中に学習の到達度をはかるため「高校基礎学力テスト」を新設し、高校2年生と3年生の希望者が年に複数回受験して、進学や就職の際の学力証明として活用できるようにするとしています。

こういうのを推薦入試の指標として活用するのは良いと思う。本番一発勝負が嫌だという人は高校入学時からコツコツ勉強してこういった制度を活用すればその努力も報われるだろうし。

>新たなテストは年に複数回、実施するとしていますが、回数や実施時期は高校や大学関係者を含めて今後、協議する予定です。

へー、これは良いね。1回失敗してもその年に挽回出来るチャンスがあるというのは大いに良いと思う。考えてみたら1年に1回しかチャンスがないって救いがなさすぎるんだよね。どんなに気をつけてても体調を崩すことだってあるんだし。

>テストを複数回行うことについて、学校行事を大幅に組み替えたり部活動に参加する生徒が減ったりといった影響を懸念する声や、「高校生活が受験一色になってしまう」という意見もあったということです。

進学校以外はあんまり関係なさそうな気もするけどね。現状だってバリバリの進学校は朝から晩まで勉強している訳だし。チャンスが増えるという意味ではすごく意義のある制度改正のように思える。ただ、面接はあくまで評価「材料」の一つにしないと今の就活みたいなテンプレがまかり通って結局本来合格させるべき人が合格出来ない、なんて事態になりそうな予感。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou