1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動
 
L型大学とG型大学、一流以外は職業訓練校に ── 日本の教育と産業構造の行方は?

文部科学省の有識者会議で提案されたL型大学とG型大学というキーワードをめぐってちょっとした騒動になっています。提案内容が、旧帝国大学と早慶といったいわゆる一流大学以外の大学は、アカデミックな教育をやめ、職業訓練に専念すべきという刺激的なものだったからです。

L大学とG大学とは?



冨山氏によれば、日本はグローバルに戦うごく一部の人材と、地域密着型の仕事に従事する多数の人材に二極分化しているとのことです。圧倒的に多数を占める、地域密着型の労働者の生産性を上げなければ、日本経済全体の底上げは難しいとして、一部の大学を除き、カリキュラムを職業訓練的なものに切り替えるべきだと主張したのです。…

具体的には、職業訓練大学の経営学部や経済学部では、難しい経済理論を教えるのではなく、会計の基本知識や弥生会計といった会計ソフトの使い方を学ばせることを想定しているようです。…

当然といえば当然ですが、この提案に対しては賛否両論が出ています。肯定的な立場の人は、現在の大学教育があまりにもビジネスの現場から遠いことなどを引き合いに、就職に結びつきやすいカリキュラムにすることは学生にとってメリットがあると考えているようです。一方、否定的な人は、大学のカリキュラム分離が一種の階層の固定化につながる可能性があることや、実利ばかりが重視され教養が軽視されることなどを懸念しています。…

教育は産業構造の変化について行けたか?



この先、日本が産業構造を大きく変えなかった場合、日本の労働者のほとんどは、外食、介護、建設、流通といった従来型サービス業に従事する可能性が高くなります。そうなってくると、この部分の生産性を上げない限り、賃上げは難しいですし、GDPも増えないということになるでしょう。…

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141107-00000003-wordleaf-pol

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>提案内容が、旧帝国大学と早慶といったいわゆる一流大学以外の大学は、アカデミックな教育をやめ、職業訓練に専念すべきという刺激的なものだったからです。
めちゃくちゃ賛否両論を巻き起こした話題ですが、個人的には理にかなっているのかなと。そうなるとかくいう自分も職業訓練の方に分類されちゃう訳だがw

自分の場合は大学では経営戦略やマーケティングを中心に敵対的買収からの株式の防衛策なんかを学んだわけだけど、外資系金融にでも行かない限り社会で役に立つ機会がそうそうないし就活で受けてたコンサルなんかでは「ぶっちゃけそんな程度の知識じゃ何の役にも立たないよ^^」みたいにフルボッコにされたからなぁ…。

>圧倒的に多数を占める、地域密着型の労働者の生産性を上げなければ、日本経済全体の底上げは難しいとして、一部の大学を除き、カリキュラムを職業訓練的なものに切り替えるべきだと主張したのです。

確かに大学全入時代になって大学に行くのが当たり前になりネットで簡単に大企業にエントリーできるようになったのもあいまって身分不相応な待遇を求める学生が増えてミスマッチが大量発生してるのはあるよなぁ…。そういう意味ではいわゆるFラン大学なんかが「大企業に入れるなんて夢見てないで社会でダイレクトに役立つスキルを身につけなさい」と指導してあげるのはむしろ親切なのかも。

>具体的には、職業訓練大学の経営学部や経済学部では、難しい経済理論を教えるのではなく、会計の基本知識や弥生会計といった会計ソフトの使い方を学ばせることを想定しているようです。

この方向性は正しいと思うんだけど事務職も今や安く発展途上国にアウトソーシングする時代だし会計士ですら人余りを起こしている訳だから会計系を学ばせるのはあんまり効果がないかも。むしろ経営学部こそ学外授業ということで企業で長期間の実務的な就業体験をさせた方がよっぽど効果がある気がする。

>一方、否定的な人は、大学のカリキュラム分離が一種の階層の固定化につながる可能性があることや、実利ばかりが重視され教養が軽視されることなどを懸念しています。

うーん…このメリットデメリットを比べるとメリットの方が大きいと思うなぁ…。だって今の日本の大学って実質的な就職予備校な訳だし、その道を極めて学者になりたいなら頑張って勉強して一流大学に行くべきかと(現状は大量の学者余りも引き起こしてるけど)。

>この先、日本が産業構造を大きく変えなかった場合、日本の労働者のほとんどは、外食、介護、建設、流通といった従来型サービス業に従事する可能性が高くなります。

このままミスマッチが拡大して行けばその通りになると思う。というかそもそも就職出来なかった人の受け皿としてこうしたブラック業界の多くが成り立っている現状がまずいんだけど。あと自分もまさにそうだったけど大学3年の就活時期になってからやっと将来のことを考え始めるというのも遅すぎると思う。

それぞれの分野でプロフェッショナルを育成し産業を伸ばしていくためにも多少の職業訓練化、義務教育時から具体的に将来の仕事のことを考えさせるきっかけづくり・カリキュラムは必要なんじゃないかと。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou