1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

発明
 
「企業のリスク大きい」特許巡り経団連会長が…

政府が発明の特許を従業員ではなく企業に帰属させるために法改正を検討していることについて、経団連の榊原会長は、「企業のリスクが大きい」として制度の改正を強く求める考えを示しました。…

特許を巡っては、ノーベル物理学賞を受賞したカリフォルニア大学の中村修二教授が企業を提訴し、和解するなど、従業員が十分な対価を受け取っていないとして、企業を相手取り、訴訟を起こすケースが相次いでいます。日本の特許法では、特許は発明した個人に帰属しますが、政府は経団連など経済界の要望を受けて、企業の帰属に切り替えるため、早ければ今の国会で改正案を提出する方向で調整しています。…

ただ、発明した従業員に十分な対価が支払われる制度を整備できるかどうかは不透明で、大きな課題となっています。

全文はソースで:http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000036320.html

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>政府が発明の特許を従業員ではなく企業に帰属させるために法改正を検討していることについて、経団連の榊原会長は、「企業のリスクが大きい」として制度の改正を強く求める考えを示しました。
いやー、さすが中世ジャップランド。資本家にとっては美しい国だよホント。中村さんが日本に愛想を尽かせた理由もよく分かる。

中村さんはアメリカで教授になってから日本企業の旧態依然とした体制を批判しまくってるけど、それだけ国際的なビジネス慣習と乖離があるんだろうな。そりゃあ飲み会や喫煙所でしかコミュニケーションが取れない国ですもの。中村さんが再三再四主張しているように自分の研究や技術に自信があったり明確なキャリアプランがあって実力主義な世界で生きていきたい人はバリバリの外資に行くか海外に行った方が良いかもしれない…。

>ただ、発明した従業員に十分な対価が支払われる制度を整備できるかどうかは不透明で、大きな課題となっています。

会社のお金で研究をしている以上、発明の特許が企業に属するのはまだ理解出来ますが、それに対する対価が不透明なまま法律を変えようとしている所は流石にいただけない。まるでジャイアンじゃん。

中村さんの訴訟の例も酷かったし、日本企業の技術者軽視の姿勢はホントにどうにかした方がいいと思う。いつまで経っても年功序列のくだらない社内政治ばっかりやってるから欧米みたくイノベーションも起きないし凋落する一方なんだって。

【参考記事】無内定速報:【悲報】リコーが100以上の特許を取った技術者を追い出し部屋に

>日本のノーベル賞受賞者はこれで22人になるそうです。韓国や中国には一人の受賞者もいないのです。日本国民の皆さん、日本がいかに優れた国か分かります。日本人としての自信を持ちましょう。 — 田母神俊雄

あとこの人一体何言ってんの?もう自称皇族の人と同じく単なるネトウヨ芸人でしかないな…。最早この人の言動ってこの人が大嫌いな某国の人そのものだよね。

どちらにせよこのままだと優秀な技術者は皆海外に行ってしまって結局「年寄りの介護こそイノベーション!」とか言ってますます凋落していきそうな予感。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou