1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

国家的詐欺
 
年金納付延期:65歳以上の就労前提 水準確保へ苦肉の策

厚生労働省は1日、公的年金の底上げ策として、基礎年金への加入期間を5年延ばす方針を打ち出した。受給開始年齢(原則65歳)を遅らせることとセットで、一定水準の年金を確保する苦肉の策だ。ただ、65歳以降も年金をもらうまで働き続けることが前提で、高齢者の雇用確保など実現への課題は多い。…

65歳まで生きた人の平均寿命は男性84歳、女性89歳程度。70歳からもらい始めても、82歳ごろまで生きれば、受給総額は65歳から受け取った場合と変わらなくなる。厚労省は高齢者も働いて年金を支える側に回ってもらうことを狙うが、早く死亡すれば「損」になる。…

昨年4月、希望者全員を65歳まで雇うことが義務付けられたが、60代後半の就業率は4割弱にとどまる。しかも基礎年金財源の半分は税金だ。加入期間の延長で保険料は確保できても、税負担分の財源にはめどが立っていない。

全文はソースで:http://mainichi.jp/select/news/20141002k0000m010139000c.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>厚生労働省は1日、公的年金の底上げ策として、基礎年金への加入期間を5年延ばす方針を打ち出した。

まさに国家的詐欺である。今の若い世代が貰う年齢になる頃には「支給開始年齢は90歳」とか言いそう。厚労省の本音は「満額払って全員貰う前に死んでくれ」だろうな…。

>受給開始年齢(原則65歳)を遅らせることとセットで、一定水準の年金を確保する苦肉の策だ。ただ、65歳以降も年金をもらうまで働き続けることが前提で、高齢者の雇用確保など実現への課題は多い。
再雇用ならまだしもこれで取られる措置として定年延長だったら最悪。何が最悪かって、絶対にその代わりに若い世代の新規雇用が抑制されるから。そして会社にボケが始まった老人で溢れかえり、イノベーションも起こせずに国家全体が沈んでいくと…。まずは民間で導入する前に是非公務員で試してみてもらいたい。年功序列で70歳の人の年収が2,000万、逆に新卒の年収が100万とかになったりして。

>65歳まで生きた人の平均寿命は男性84歳、女性89歳程度。70歳からもらい始めても、82歳ごろまで生きれば、受給総額は65歳から受け取った場合と変わらなくなる。厚労省は高齢者も働いて年金を支える側に回ってもらうことを狙うが、早く死亡すれば「損」になる。

国主導で人生をかけたギャンブルをさせるのか(困惑)

今の若い世代は低賃金重労働の問題でほとんどが受給開始年齢までに死んじゃいそう。70歳まで社畜としてコキ使われるとかもはや生きる意義が問われそうなレベル。あとこのまま行けば今の若い世代の多くは非正規で一生を終える人も多くなるだろうけど、その人達の年金とかはどうするんだろう。ただでさえ非正規労働者の6割以上が自活出来る収入じゃないという調査結果が出てるのに。

何にせよ新卒の学生を始め働く若い世代にとっては何一ついいことがなさそうなニュースでしたと…。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou