1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

ブラック企業,殺人
 
ワタミ過労死裁判 全国津々浦々の店舗で労基法破り



過酷な勤務の果てに自殺に追い込まれた大手居酒屋チェーン和民の元正社員の父母が、会社と創業者の渡辺美樹氏(現参院議員)の責任を追及する「ワタミ過労死裁判」の第5回口頭弁論が、きょう、東京地裁であった。 原告は2008年6月、和民の社宅が入るビルから飛び降り自殺した森美菜さん(享年26歳)の父・豪さんと母・祐子さん。…

訴えによると2008年4月、ワタミフードサービスに入社した美菜さんは、月100時間を超える残業と過酷なノルマに追われた。心身ともに疲れ果てた美菜さんは2か月後に自殺した。

手帳には「体が痛いです。体が辛いです。どうか助けて下さい」と書き遺されていた。…

ワタミの過重労働を公的に証明するものとして労基署の「是正勧告」と「指導票」がある。

ワタミフードサービスは全国の労働基準監督署から、わかっているだけでも24件の是正勧告、17件の指導票を受けている。「是正勧告」は、労働基準法違反を指摘し是正を求めたものだ。レッドカードに相当する。…

被告は「(本件裁判との)関連性がない」などとして拒否してきたが、きょう、すべての是正勧告書と指導票を渋々提出した。…

・平成20年(2008年)6月27日 和民香里園駅前店 労働基準法37条違反 ~北大阪労基署『平成18年9月以前2年間の時間外手当及び深夜手当の一部分を支払っていない』…

・平成20年4月21日 和民柏店 労働安全衛生法66条違反 ~柏労基署『健康診断を行っていない』…

きょうの法廷では「是正勧告」の他にも驚かされたことがある。被告が「美菜さんとの間に雇用関係がない」と主張していることが明らかになったのである。

原告弁護団によると―

美菜さんは入社式での配属希望アンケートで「外食」に印をつけた。美菜さんが就職したのは、ワタミフードサービスであって、ワタミ本社ではない。この時点でワタミ本社と美菜さんとの間に雇用関係はなくなった。

ワタミ本体と渡辺美樹氏の責任には当たらないという理屈である。美菜さんには渡辺美樹CEO本人の名前で辞令が交付されているのにもかかわらず、だ。…

全文はソースで:http://blogos.com/article/95040/

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>手帳には「体が痛いです。体が辛いです。どうか助けて下さい」と書き遺されていた。

この会社の創業者が国会議員をやっている国があるらしい。社員は家族だから労働組合は必要ないとか言っておいてこの仕打ち。

【参考記事】無内定速報:ワタミ社長「社員は家族なんだから労働組合は必要ない」

>ワタミフードサービスは全国の労働基準監督署から、わかっているだけでも24件の是正勧告、17件の指導票を受けている。

ゼンショーといい、いい加減厳罰がないのをいいことにこういうルール違反を堂々と繰り返す経営者を法改正して逮捕出来るようにしろよ。こんなんだからいつまで経っても「労基法を守ったら会社が潰れる」という経営者の甘えがまかり通ってブラック企業がなくならない。

【参考記事】
①無内定速報:すき家は「法律を守る方が馬鹿を見る」という最悪の循環を生み出した
②無内定速報:たかの友梨「(労基署に通報した従業員に)会社潰れるけどいいの?」

>・平成20年(2008年)6月27日 和民香里園駅前店 労働基準法37条違反 ~北大阪労基署『平成18年9月以前2年間の時間外手当及び深夜手当の一部分を支払っていない』
>・平成20年4月21日 和民柏店 労働安全衛生法66条違反 ~柏労基署『健康診断を行っていない』

仮にも日本経済の象徴である東証一部に上場している企業が堂々とこんなことをやってるとかもうね…。社員は家族とか言いつつ従業員の健康とか心底どうでもいいんだろうなー。そりゃあ中世ジャップランドってバカにされると思うわ。
ほんとブラック企業に就職するくらいならニートやった方がマシってなるわ。働いたら負けだよマジで。過労死しても「会社とは関係ないから」で切り捨てられるんだから。

【参考記事】無内定速報:経団連の代表が暴言「過労死は加齢や生活習慣が原因」

>きょうの法廷では「是正勧告」の他にも驚かされたことがある。被告が「美菜さんとの間に雇用関係がない」と主張していることが明らかになったのである。

これを見た社員はどう思うんだろうな。それでも「ありがとうがあれば生きていける」とか言いそうだけど。社員もいい加減目を覚まさないとな…。人間生きるために働くんであって働くために生きるんじゃないって。

【参考記事】無内定速報:ワタミ店長「人生の重さは苦難から逃げていたら得られない」

個人的にこの裁判は今後の企業の従業員に対する在り方に関わってくる重要な裁判だと思ってる。従業員の命を軽視するとどうなるか、裁判所には事実に照らし合わせた公平な判断を期待する。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou