1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

アベノミクス,国内回帰
 
企業 地方へ動かず 工場造るなら海外

国内企業が工場の新設・移転先として検討している地域は「海外」が全体の12・1%を占めてトップだったことが、帝国データバンクの調査で二十日分かった。本社の移転先候補は東京都、大阪府などの大都市圏に集中。国や自治体はさまざまな優遇策で地方への産業誘致に努めているが、企業側の動きは依然鈍いことが浮き彫りになった。

安倍政権は、地方から大都市への人口流出に歯止めをかけるため、地域での産業育成を目指している。ただ、これまでの誘致策は企業のニーズに合っていないとの見方もあり、対策は工夫が必要になりそうだ。…

安価な労働力を確保しやすい新興国や欧米などに現地工場を造ろうとする動きは根強い。国内では大手メーカーの工場が多い地域に拠点を集める傾向が出ている。…

<企業拠点の海外移転> 内閣府の企業アンケートによると、製造業の海外生産比率は2012年度に過去最高の20・6%に達した。さらに18年度には25・5%まで上昇する見通しだ。理由として現地の需要の大きさを挙げる企業が多い。大手自動車メーカーや電機大手などでも、国内工場を閉鎖して新興国などに拠点を移す動きが加速している。海外生産の拡大は、日本からの輸出が伸びない一因にもなっている。

全文はソースで:http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2014092102000137.html

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>国や自治体はさまざまな優遇策で地方への産業誘致に努めているが、企業側の動きは依然鈍いことが浮き彫りになった。

いや、普通に考えて今のこの経済状況で地方誘致が進む訳ないだろとw

そもそも大前提として海外から原材料を輸入している訳だから円安のことも考えると企業が国内に工場を持つメリットがない気がする。ただでさえ円安による原材料の輸入コストがかさんで倒産しちゃう所も出ている訳だし。

>安倍政権は、地方から大都市への人口流出に歯止めをかけるため、地域での産業育成を目指している。ただ、これまでの誘致策は企業のニーズに合っていないとの見方もあり、対策は工夫が必要になりそうだ。

政府および日銀は円安にすれば企業が国内回帰すると考えていたようだけど、むしろ円安が進んだ結果、トヨタなんかの一部の企業だけが潤って家計と多くの企業には恩恵がなく多大な負担だけがかかりまくったという皮肉。
そもそも製造業で内需を強くするって人的コストの安い新興国だからこそ出来るんであって、先進国で人的コストの高い日本にこうしたビジネスが合わないのは誰の目にも明らかな気がするんだが…。

ここら辺は今のこの情報化社会に適したサービスを提供するための土台作りをしてこなかったツケがこういう所に回ってきてるんじゃないかと。まぁ、国を動かしてるのが経団連みたいな既得権益層で自分たちの保身や利益にしか興味がないITも分からない爺さん達だらけだからどうしようもないんだけど。

>大手自動車メーカーや電機大手などでも、国内工場を閉鎖して新興国などに拠点を移す動きが加速している。海外生産の拡大は、日本からの輸出が伸びない一因にもなっている。

若者および中間所得層の貧困化で国内で今後ますます自動車が売れなくなっていくのは分かりきっているので大手自動車メーカーが国内の生産拠点を減らし海外の拠点を増やすのは目に見えているし、電機だって同様だと思う。そうなった時にどうやってその人たちの雇用を維持するのか、今からそれを見越して対策をしないと5~10年後に生活保護やら貧困による犯罪が爆発的に増えそうな予感。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou