1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

女性,社会進出
 
「専業主婦希望」20代女子増加? 背景に「3世代の流れ」

将来の夢は専業主婦──。女性の社会進出が当たり前になり、安倍政権も「女性活躍担当相」を新設して女性の活躍を成長戦略の柱とする。なのに今、若い女性の間に「専業主婦志向」が高まっている。

博報堂生活総合研究所の調査(12年)によると、20代女性の専業主婦願望がもっとも高く、34.6%と3人に1人が専業主婦になりたいと答えている。

大手銀行で働く女性(23)は言う。「結婚して子どもを産み、子どもや家族を大事にしたいです」

出世欲はなく会社に執着する気もない。そこそこ働いて、27、28歳で結婚し30歳前には出産して家庭に入り、子どもは2人か3人ほしいと話す。

専業主婦になるのが小さい頃からの夢だという都内の私立女子大2年の女性(19)曰く、「家事をして子どもを育て、旦那さんが帰ってくるのを待って、仕事で疲れた旦那さんを癒やす。そういう奥さんになりたいと思っています」

戦後、女性たちは権利として社会参加を勝ち取ってきたのではなかったのか。なぜ、彼女たちは「主婦」という生き方に憧れるのか…。…

20歳前後の若者たちの母親は、40代後半から50代前半が多い。…

主流は、いわゆる「三高男」と結婚して寿退社するのが「女の花道」とされていた。しかも、母親の母親、つまり若い子たちの祖母は「結婚は幸せ」と考えていた世代。

「結婚して家庭に入るのが幸せというのが、3世代の流れの中にあるのかもしれません」(山本さん)…

全文はソースで:http://dot.asahi.com/aera/2014091000079.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>女性の社会進出が当たり前になり、安倍政権も「女性活躍担当相」を新設して女性の活躍を成長戦略の柱とする。なのに今、若い女性の間に「専業主婦志向」が高まっている。
今の政権が進める女性の社会進出のゴリ押しについて、世の女性たちはどう思ってるのかな?

個人的には男女関係なく優秀な人間が昇進したり上司になったりするのは素晴らしいことだと思うんだけど、全体の何%の女性登用を義務づけとか、無駄なひずみを生む気しかしないんだが…。政権の建前上、国家公務員も女性の採用比率3割をゴリ押すみたいだし。

【参考記事】
①無内定速報:人事局長(自民党)「国家公務員の女性採用比率を必ず3割まで上げろ」
②無内定速報:政府「自治体&企業の女性登用を義務化します」

>博報堂生活総合研究所の調査(12年)によると、20代女性の専業主婦願望がもっとも高く、34.6%と3人に1人が専業主婦になりたいと答えている。

12年の調査なので最新のデータがどうなっているかは未知数ですが、こういった価値観のトレンドはそう大きく短期間で変わるものではないので、今調査をやってもおおよそ同じような感じになるのではないかと。むしろ12年の調査より上がっている気が…。

>専業主婦になるのが小さい頃からの夢だという都内の私立女子大2年の女性(19)曰く、

専業主婦願望はまだしも夢っていうのはちょっと違う気がする…w それ単に自分が働きたくないだけじゃないんかとw

>戦後、女性たちは権利として社会参加を勝ち取ってきたのではなかったのか。

個人的には鼻息荒く権利として勝ち取って来たのは一部の権利団体の方々なような気がしますが、「男に負けるな」「女はずるい」「女性差別だ」「男性差別だ」と声を荒げる前にそれぞれが社会に対して果たせる役割を意識して仲良くやっていけばいいんじゃないかと。

ただ、最初から専業主婦志望なのもいざ結婚して専業主婦になったはいいものの、離婚して社会に出ざるを得ない状況になった際に苦労すると思うので、一度は社会に出ておいた方が良いのではないかと。あと、かつて稼ぎ頭だった夫の給料もだだ下がりしている現状で夫婦共働きが当たり前の価値観になっているので、若くして専業主婦希望みたいな人は苦労すると思う。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou