1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動
 
就職率の上昇で大卒者進路も好転……でも約2割が雇用不安定 斎藤剛史



今春の大学(学部)卒業者は56万5,571人でした。そのうち非正規雇用を含めて「就職した者」は69.8%(前年度比2.5ポイント増)で、リーマンショックが発生したのが2008(平成20)年9月、その年の春の大学卒業者に占める就職者の割合が69.9%でしたから、ほぼリーマンショック以前の水準に戻ったと言ってよいでしょう。契約社員や派遣社員などフルタイムの非正規雇用が3.9%(同0.2ポイント減)でしたので、正規雇用者として就職できたのは全体の65.9%(同2.7ポイント増)という計算になります。

学部の分野別に正規雇用者として就職した者の割合を見ると、「家政」が76.5%、「社会」が75.2%、「保健」が67.0%、「人文」が65.8%、「教育」が61.7%などとなっています。…

このほか、パート・アルバイトなど「一時的な仕事に就いた者」は2.6%(同0.4ポイント減)で2年連続の減少、「進学も就職もしていない者」は12.1%(同1.5ポイント減)で4年連続の減少となっています。これら「一時的な仕事に就いた者」と「進学も就職もしていない者」に先ほどの非正規雇用者を加えると、合計18.6%(同2.1ポイント減)が「安定した雇用に就いていない者」ということになります。前年度より減少しているものの、依然として大学卒業者の約5人に1人は「安定した雇用」に就けない状況が続いているようです。

学部の分野ごとに就職者や進学者の実態はさまざまで、一律には語れません。しかし全体的に見ると、大学卒業者のうち正規雇用者は65.9%、大学院等への進学者が12.6%、進学も就職もしていない者が12.1%、非正規雇用者が3.9%、パート・アルバイトが2.6%、その他が2.9%となります。

これまで保護者にとって、教育費負担を除けば大学進学くらいまでが子どもの教育問題のゴールでした。しかし、実質的な大学全入時代の到来や、就業構造や雇用形態などの変化により、大学卒業者の約5人に1人が安定した雇用に就けないという状況の中で、今や子どもの大学卒業後の進路にも保護者は無関心ではいられないようです。それだけ子どもにとっても保護者にとっても、厳しい時代ということなのでしょうか。

全文はソースで:http://blogos.com/article/93816/

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>そのうち非正規雇用を含めて「就職した者」は69.8%(前年度比2.5ポイント増)で、リーマンショックが発生したのが2008(平成20)年9月、その年の春の大学卒業者に占める就職者の割合が69.9%でしたから、ほぼリーマンショック以前の水準に戻ったと言ってよいでしょう。
今年の就職市場は「景気回復!売り手市場!」と言うけれど、ホントにそうなのだろうか。そう思いながら読んでいくと「そのうち非正規を含めて」の但し書きが。あっ…(察し)

【参考記事】
①無内定速報:人手不足&売り手市場の真実…なんと正社員の求人倍率は0.61だった
②無内定速報:売り手市場の正体…この1年で正社員58万人減、非正規100万人増

>契約社員や派遣社員などフルタイムの非正規雇用が3.9%(同0.2ポイント減)でしたので、正規雇用者として就職できたのは全体の65.9%(同2.7ポイント増)という計算になります。

この前者のフルタイム非正規が微妙に減った理由は確かに新卒者の就職市場が上向いている要因もあると思いますが、後者の場合は本来であれば院に行く予定だった人が「景気の良いうちに就職しちゃおう」と進路変更した結果、就職率が上がったというパターンが多いのではないのかなと。

>学部の分野別に正規雇用者として就職した者の割合を見ると、「家政」が76.5%、「社会」が75.2%、「保健」が67.0%、「人文」が65.8%、「教育」が61.7%などとなっています。

これを見るとやっぱり人文関係は厳しそうだなというイメージ。全員が全員苦労する訳じゃないと思うけど相対的に見るとそれを実感。

>全体的に見ると、大学卒業者のうち正規雇用者は65.9%、大学院等への進学者が12.6%、進学も就職もしていない者が12.1%、非正規雇用者が3.9%、パート・アルバイトが2.6%、その他が2.9%

大学を卒業しても正社員になれる人は66%しかいないんだということに驚き。この調査対象は「国立38校、公立3校、私立38校、短大20校、高専10校、専修20校」ということだけれども、それぞれ上位校から抽出しているとするとFラン大なんかは壊滅的な状況なんじゃないかという気がする。

>それだけ子どもにとっても保護者にとっても、厳しい時代ということなのでしょうか。

まぁ、厳しいですよね。景気が良い時に当たれば天国、不景気な時に当たれば地獄、と日本の新卒市場においては自分でコントロール出来ない部分が大きいだけに人生をかけたギャンブルみたいなもんだなと。

ましてや今や大学を卒業した後に専門学校に入り直す人も多いようで、中間層が貧困化している現状を鑑みても親にかかる負担は大きいんじゃないかと。奨学金という名の実質的な学生ローンの返済に関しても既に社会問題化していますし。

定員割れが続出する大学や推薦入学者が大多数を占める大学など、就職率の問題を考えてもまさに今、大学の存在意義や在り方について考え直す岐路に立っているのかもしれません。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou