1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

アベノミクス,格差拡大
 
人手不足で中小の倒産増…人件費の高騰、負担に

人手不足が原因で倒産する中小企業が増え始めた。

人件費の高騰が負担となっているほか、働き手を確保できずに経営が行き詰まるケースもある。少子化で働き手が減る中、景気が上向いて大企業が非正規社員などを増やしており、中小企業にしわ寄せが来ている。

◆工事に遅れ

「職人を探してあちこちに声をかけたが、全く集まらなかった」。今年5月、会社の清算を決めて全事業を停止した長野県の建設会社社長(59)はため息交じりに振り返った。

人件費や資材費の高騰で昨年末から経営が厳しくなり、今年3月末までに完工予定だった工場建設工事が職人不足で1か月遅れ、資金が底をついた。自己破産手続きの費用さえ手元に残らず、弁護士の助言を受けながら債権者らと協議を続けている。

社長は「消費税の増税前の駆け込み需要は、人手不足を悪化させただけだった」と恨めしげだ。…

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00050014-yom-bus_all

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

>少子化で働き手が減る中、景気が上向いて大企業が非正規社員などを増やしており、中小企業にしわ寄せが来ている。
そりゃあ極一部の大企業の利益のために日本の99.7%を占める中小零細企業を犠牲にする政策を取ったんだからこういう結果になることは目に見えすぎている。しかもその大企業は最高益で内部留保を溜め込む一方で非正規を増やしているから世の中にお金が回らないという悪循環。

大企業が一斉に採用を絞ったリーマンショック~2012年あたりまでは中小企業に目を向ける就活生も増えたようだけど、今は報道各社による景気回復・売り手市場煽りもあって就活生の大手志向が過去最高レベルだとか。そりゃあこんな状態で中小企業に人が集まる訳もなく。

>「職人を探してあちこちに声をかけたが、全く集まらなかった」。今年5月、会社の清算を決めて全事業を停止した長野県の建設会社社長(59)はため息交じりに振り返った。

これはツイートにもあるように4K(キツい・汚い・危険・給料安い)と言われる元々の労働環境の悪さや非正規しか雇わなかったため職人になる人が減ったという業界の自業自得な部分もあると思う。まぁスーパーゼネコンと呼ばれるヒエラルキーを形成する建設大手による中間搾取の多さ故に悪循環に陥ったというのもあると思うけど。各種保険加入なしでコンビニバイトより稼げなくて仕事がキツいとか話にならなすぎる。

>社長は「消費税の増税前の駆け込み需要は、人手不足を悪化させただけだった」と恨めしげだ。

増税しない=景気回復しなかった=アベノミクスが失敗した、と見なされるのが嫌だからどんな状況であろうと来年さらに消費増税するらしいけど、こんな状態で増税したら日本の中小企業はほぼ全滅するんじゃないか。そんなリスクのある所に行けないとさらに人が集まらなくなりそうだし。かといって大企業がそれに応じて正社員の採用枠を増やす訳じゃないから企業側と求職者のミスマッチがますます拡大するというシナリオになりそうな予感。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou