1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

消費増税,小売
 
百貨店・スーパー・コンビニ 増税後の回復ペース鈍く 7月販売減、8月も苦戦か

百貨店やスーパーなど大型小売業の販売が力強さを欠いている。消費増税前の駆け込み需要の反動減は次第に薄れつつあるものの、7月の販売実績は軒並み前年を下回った。7月は夏のボーナス支給やセールが本格化する時期ということもあり、反動減からの脱却が期待されていたが、天候不順の影響もあり、消費者心理の冷え込みは続いているようだ。

日本チェーンストア協会が21日発表した7月の全国スーパー売上高は既存店ベースで前年同月比2.1%減と、4カ月連続のマイナスだった。食料品や衣料品などすべての分野で前年実績を下回った。天候不順で客足が鈍ったほか、消費増税前に消費者が買いだめた生活用品などに反動減が残った。…

日本百貨店協会が発表した7月の全国百貨店売上高(既存店ベース)は前年同月比2.5%減で、4カ月連続のマイナスだった。減少幅は6月の4.6%減から2.1ポイント改善したが、月前半の天候不順で客足が遠のいた影響を吸収しきれなかった。…

ただ同協会は6月時点では、大手企業を中心にボーナスが増えることなどを考慮して、「売上高は7月にはプラスに転じる」との見通しを示していた。想定に比べると回復は遅れている。8月も台風や豪雨の影響が販売の下押し要因となり、前半の百貨店全体の売上高は約5%減で推移したという。

大和総研の橋本政彦エコノミストは百貨店などの7月の売上高について「ボーナス増という環境を考えると、やや弱い数字だった。消費増税で実質的に所得が目減りしたことなどが、足元の消費動向の弱さにつながっている」との見方を示した。

消費増税の影響が限定的とみられていたコンビニエンスストアも、回復は途上だ。日本フランチャイズチェーン協会が発表した7月の全国コンビニエンスストアの既存店売上高は前年同月比0.7%減で、4カ月連続で前年を下回った。天候不順で客足が伸びなかった。…

大和総研の橋本氏は前回の消費増税時である97年と比較して、今回は「駆け込み需要の山が大きかった分、反動減が大きかったが、所得環境は改善している」とし、反動減は収束の方向に向かうとの見方を示していた。…

全文はソースで:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL21H6U_R20C14A8000000/

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>7月は夏のボーナス支給やセールが本格化する時期ということもあり、反動減からの脱却が期待されていたが、

無い袖は振れないという言葉を知らないのかな?

あっ、こういった記事を書いている記者たちは年収1,000万超えでボーナスも増えた極一部の勝ち組サラリーマン様だからそんな一般大衆のことなんか想像も出来ないか…。

【参考記事】
①無内定速報:景気回復!賃金&ボーナスアップ!何故こんな上昇報道ばかりなのか
②無内定速報:景気回復なんて大嘘だった?40%が「夏のボーナスなし」の厳しい現実

>天候不順で客足が鈍ったほか、消費増税前に消費者が買いだめた生活用品などに反動減が残った。

皆さん足並み揃えて天候のせいにされているようですが、天候不順で遊園地の売上が下がったのなら理解出来るけどデパートやスーパーの売上が下がるっていうのはちょっと無理がある。
あと、ツイートにもあるようにスーパーの日用品を4ヶ月分も買いだめされたから売上が下がったというのは苦しすぎる。わざと目立つ様に税抜き価格を表示して消費者の目を眩まそうとしたり、便乗値上げしたからでしょ。言い訳すんな。

>8月も台風や豪雨の影響が販売の下押し要因となり、前半の百貨店全体の売上高は約5%減で推移したという。

ドラえもん雲の王国のノア計画のごとく全国各地の主要都市に延々と豪雨が降り続いた訳じゃないんだからさ、これは言い訳としては無理がありすぎるよ。今度は「猛暑の影響で客足が遠のき〜」とか言いそうな予感。

>ボーナス増という環境を考えると、やや弱い数字だった。消費増税で実質的に所得が目減りしたことなどが、足元の消費動向の弱さにつながっている

約6割の人がボーナス減もしくはボーナスなしだったんですがそれは華麗にスルーのようで。それと実質賃金が12ヶ月連続でマイナスになっていることを考えると消費が鈍ってる原因なんてすぐ分かる気がするんですが。

>全国コンビニエンスストアの既存店売上高は前年同月比0.7%減で、4カ月連続で前年を下回った。天候不順で客足が伸びなかった。

なるほど、これだけ身近にあるコンビニも天候不順が原因で売上が落ちちゃうのかー。天候不順って風評被害並みに便利な言葉だな。今度から仕事で納期が遅れたら言い訳に使おう。

>大和総研の橋本氏は前回の消費増税時である97年と比較して、今回は「駆け込み需要の山が大きかった分、反動減が大きかったが、所得環境は改善している」とし、反動減は収束の方向に向かうとの見方を示していた。

このコメントを見るとエコノミストって楽な仕事だなと思う。みんなエコノミストを目指そう。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou