1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動
 
就活でも見られている「魚の食べ方」 きれいに食べれば「高評価」?

就職活動では、ドアの開け方やお辞儀の角度など、ちょっとした振る舞いが評価の対象になるともいわれるが、都内の光学機器メーカー三鷹光器では、採用試験で学歴にまったくこだわらずに「魚の食べ方」を見るのだという。

現代ビジネスの記事によると、手術顕微鏡システムなどで世界一のシェアを誇るこの会社では、求職者を昼食時に定食屋に連れて行き、小骨の多い煮物や焼き魚を食べさせる。骨の位置や構造を理解して器用に食べる人はいいが、「箸の使い方が不器用だと、細かい作業ができないとみなされ、血合いを取り除かないような無神経さもマイナス要因と判断される」のだそうだ。

一方で「上手に食べられる」小中学生は半数以下

魚の食べ方には好き嫌いも影響するので、「そんなことで採否が…」と思う人もいるかもしれない。しかしこのメーカーでは「手先の器用さ」や「繊細さ」を特に重視しているのであれば、それなりに筋が通っているといえるのではないか。

仕事につながる能力だけでなく、人となりや育った環境まで表れるという見方も根強くある。コラムサイト「女性の美学」は、交際相手が箸をしっかり持てて魚をきれいに食べられるならば、「それはご両親の教育の賜物」と高く評価している。

「逆に、食事を平然と残したり、お皿の上がグチャグチャだったりしたら要注意。かなり甘やかされて育っているか、放任のどちらかです」…

水産庁の調査では、骨の魚料理を「上手に食べられる」小中学生は半数以下。読売新聞の記事によれば「ツナ缶や魚肉ソーセージだけが魚料理だと思っている」子どももいるそうだ。「焼き魚テスト」で振り落としていては、合格者がいなくなる時代も来るのではないか。

全文はソースで:http://careerconnection.jp/biz/economics/content_1764.html

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>都内の光学機器メーカー三鷹光器では、採用試験で学歴にまったくこだわらずに「魚の食べ方」を見るのだという。

魚の食べ方を見る試験があるとかどんなクソ企業だよwwwwと思ったら世界トップシェアを持つすごいメーカーだったでござる。

>骨の位置や構造を理解して器用に食べる人はいいが、「箸の使い方が不器用だと、細かい作業ができないとみなされ、血合いを取り除かないような無神経さもマイナス要因と判断される」のだそうだ。
確かに下手な嘘つき大会の面接で合否を判断するよりこうして一緒にメシを食った方がその人の人となりを見れるのかも。特に食事のマナーなんかその人の育ちがモロに出る部分だと思うし。

>しかしこのメーカーでは「手先の器用さ」や「繊細さ」を特に重視しているのであれば、それなりに筋が通っているといえるのではないか。

言われてみれば合理的ではあると思う。採用基準が「コミュ力がある」みたいな曖昧なものであるよりかは遥かに分かりやすいw

>逆に、食事を平然と残したり、お皿の上がグチャグチャだったりしたら要注意。かなり甘やかされて育っているか、放任のどちらかです

ここら辺はそんなに気にならないけど、クチャラーとかは論外ですよね。過去にすごいクチャラーの人とメシを食ったことがあるけど、どんなに性格が良い人でもそれだけで幻滅してしまった。全然関係ないけど個人的には鮭の皮って美味しいよねという人とは仲良くなれる気がする。

最近、就活生の人となりを見るために選考の一部にお酒を交えた懇親会みたいなものを設定する企業も増えているそうですが、食事のマナーは意外と見られているので、もしそういった場に行ったら最低限人を不快にさせないような食べ方には気をつけましょー。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou