1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

岐阜県

日本一社員がしあわせな会社



▼正反対のホワイト企業を顕彰するコンテストがあれば、岐阜県の電気設備資材メーカー「未来工業」は、間違いなく大賞候補だろう。なにしろ、就業時間は午前8時半から午後4時45分までで、残業は原則禁止。年間の休日は約140日もあって、定年は70歳。営業マンにはノルマもない。

▼創業者の山田昭男さんは、「社長の仕事は、社員を幸せにすること」と公言してはばからなかった。それでいて、自称「日本一のドケチ社長」でもある。コピー機は、本社に1台だけ。社員の頭上に、蛍光灯のヒモがのびているのは、離席の際に引いて消すためだ。

▼社員には、上司への報告さえ禁止している。その代わり、新製品や仕事の効率化について、常に考え続けるよう求めてきた。社員のやる気をどうすれば引き出せるのか。儲(もう)かっていない会社とは、違うことをやってみよう。若い頃、夢中になった演劇の仲間と会社を設立して以来、試行錯誤を続けてきた。その末にたどり着いた異色経営には、日本経済再生へのヒントも、数多く含まれている。

▼5年ごとに企画する、全社員を対象にした海外旅行も、未来工業の名物のひとつだ。創立50周年記念事業として、来年2月に出かけるイタリアでは、写真コンテストを行い、優勝者には新会社を設立する権利が与えられる。…

全文はソースで:http://sankei.jp.msn.com/life/news/140801/trd14080103160002-n1.htm

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>正反対のホワイト企業を顕彰するコンテストがあれば、岐阜県の電気設備資材メーカー「未来工業」は、間違いなく大賞候補だろう。

先日創業者の山田さんが亡くなられたということでニュースになっていましたが、ホントにこの会社はすごいと思う。何冊か山田さんが書かれた本を読みましたが、どうしたら社員と企業の双方がハッピーになれるかという創意工夫がされています。その結果、社員の離職率は1%だとか。(ソースは嫌儲)

【参考書籍】ホウレンソウ禁止で1日7時間15分しか働かないから仕事が面白くなる(山田昭男)

>なにしろ、就業時間は午前8時半から午後4時45分までで、残業は原則禁止。年間の休日は約140日もあって、定年は70歳。営業マンにはノルマもない。
これすごいよなー。年間の休日140日+有給で場合によっては半年間の休みを取る人もいるとか。これで組織が腐らないというのがホントにすごいと思う。それだけ愛社精神が多い人も多いんだろうけど。

>コピー機は、本社に1台だけ。社員の頭上に、蛍光灯のヒモがのびているのは、離席の際に引いて消すためだ。

山田さんの著書によると、こういう効率化のアイデアを考えた人にはお小遣いが出るので皆頑張って考えるんだとか。とにかくいかに「社員に考えさせる」かがコツで、出張代も予め決まった額が出るので、社員はそのお金をお小遣いにするためにカプセルホテルに泊まって節約したりするそうです。

ホント、いかに社員を安く使い潰して利益を出すかしか考えていないブラック企業には見習って欲しい。あと、山田さんの著書は組織運営をする上で色々と勉強になる部分が多いので参考書籍のリンクの本なんかは特にオススメですよー。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou