1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

16卒,就職活動
 
インターンシップは本当に就活に有利なのか?経験者が語る参加すべき3つの理由

2016卒の学生から就職活動のスケジュールが大きく変わります。現在、企業の採用情報や説明会情報の解禁は大学3年生、大学院1年生の12月となっていますが、それが3月に。また、採用選考開始は大学4年生、大学院2年生の4月から8月へと繰り下げになるのです。

「今年の夏はおもいっきり遊ぼう!」と思っている就活生も少なくないでしょうが、一方で「自分たちの就職活動は短期決戦になるから今のうちに動かなきゃ!」と焦っている人もいるはずです。また、この採用スケジュールの変更を守るのは、日系大手を中心とした企業に限られるため、外資系企業やベンチャー、中小企業を目指す人にとってはこの夏が勝負の季節になるのは、間違いありません。そんな真面目な学生の多くが参加するのが、インターンシップです。…

早いところではすでに夏のインターンシップが始まっているかと思いますが、では就活生の間でささやかれる「インターンシップ、就活に有利説」は正しいのでしょうか?それとも都市伝説に過ぎないのでしょうか。今回もOKWaveに寄せられた質問と回答から、真実を導き出していきましょう。

「不利」と答える人はゼロ! 採用直結だけじゃない「有利」な理由

OKWave総合研究所が「質問・疑問 に答えるQ&AサイトOKWave」上の「就職」カテゴリに寄せられた質問と回答を分析。…

「有利」と考えられているのには、主に3種類の理由がありました。1つが、インターンシップをした会社での採用に直結すること、2つ目が就活をする上で自信がつくといった自分自身の成長につながったという点、そして3つ目が就職活動の面接時にエピソードとして使えるという点です。

■「有利」と考える人のエピソード

「知人はインターンシップでお世話になった会社に、めでたく就職が決まったようです。コネのような気がするかもしれませんが、それも彼の努力によるものです」…

「夏休みに約1ヵ月インターンシップをしました。(中略)不安だらけでした。でも実際やってみて、本当に良かったと思ってます。自分自身成長できたし、たくさんのことを学びました。実際に社員の皆さんにも『あなたはこういう所が良い所だよ』と褒めていただいたりして自信がつきました」

「一番のメリットは就職に関する意識が変わります。エントリーシートや面接などもあるので一連の就職活動の流れもつかめますし、ビジネスマナーなども身につきます。行っていない人と行ったことのある人では何か違います。就職活動の面接時にエピソードとしても盛り上がります」…

さて、いざインターンシップに参加するとなれば、最初に気になるのが「服装」です。

よく参加要項に服装について「ぜひ普段着でお越しください」「楽な服装で」「私服で」と書いてありますが、本当に普段着で行っていいのか、不安になるのが実際のところでしょう。…

では、そうした記載があった場合、どのような服装で行くのがふさわしいでしょうか。寄せられた社会人の意見を聞いてみましょう。

「インターンシップとは仕事場に行くことですので、フォーマルでなくても厚化粧やピアス類のアクセサリー、派手な服装は控えた方がいいのではないかと思います」…

こうしたコメントからわかるように、普段着の場合、派手な服装、厚化粧、ジーパンなどの格好は避け、相手に清潔感がある印象を与える服装を選ぶとよいのではないでしょうか。…

“人は見た目が9割”などとも言われますが、どんなに優れた能力や人間性を持っていても、服装でこのように思われてしまっては大損です。インターンシップという自身の成長につながる貴重な機会を無駄にしないためにも、まずは身だしなみに十分気を付けることが大切ではないでしょうか。

全文はソースで:http://diamond.jp/articles/-/56814

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>「今年の夏はおもいっきり遊ぼう!」と思っている就活生も少なくないでしょうが、一方で「自分たちの就職活動は短期決戦になるから今のうちに動かなきゃ!」と焦っている人もいるはずです。

知り合いの人事の人の話とかを聞く限り、間違いなく16卒の就活は短期決戦になると思う。この夏、研究が忙しいとかどうしても学業を優先しなきゃいけない理由がある人以外はなるべくインターンに参加した方が良いと思う。
理由としてはソース元にもあるように実際の社会に触れることで社会人耐性が出来て面接での無駄な緊張を防げたり他人との差別化が図れる自己PRが出来たりと色々と就活で使える武器が増えると思うので。

あと、何よりツイートの下2つにあるように、いわゆる企業が欲しがるような優秀な技術系の人材はもう積極的に動いているので、そういう人達と一緒にインターンをするのも良い刺激になると思う。

ということで、まだ募集中のところで面白そうな16卒向けインターン先候補をいくつか選んでみました。なお、今回選んだテーマは「大企業×ネット系×高層タワービル」です。

その①:ドワンゴ(2014年インターンシップ情報

ご存知ドワンゴのインターンです。1dayインターンから1monthインターン、学生インターンバイトまで色々と精力的に募集されているようです。ただ、ほとんどが開発系なので最低限の知識・技術がある人でないと厳しいかも。学生インターンバイトの方はニコ動の運営に携われるようです。もちろん東証一部上場企業。あと、ドワンゴのオフィスは銀座の歌舞伎座タワーにありオシャレなことでも有名です。


その②:エス・エム・エス(本気事業創造型インターンシップ

実は「IT×医療」の分野では超大手なこの会社、「ナース人材バンク」「ナース専科」など看護の世界では知らない人がいないというサイトをいくつも運営しています。また、世界へ向けて積極的にグローバル展開もしています。設立10年ちょっとながら東証一部上場企業で、インターン内容は新規事業の企画・立案系です。あと、オフィスが芝公園の住友不動産タワー高層階にあってオシャレです。


その③:ディップ(新規事業立ち上げのノウハウを学べる「マッハインターン」募集開始!

ディップはAKBがCMをしている「バイトル」の運営会社です。「バイトル」の他には「ナースではたらこ」などの業界大手サイトを運営しており、人材紹介業の他にもアプリ系などの数々の新規事業を積極的に立ち上げていることで有名な会社です。今回は新規事業の企画・開発に興味がある学生向けのインターンとのことで、120分完結型で事前の選考等は行わず基本的には先着順で参加する学生を選ぶとのことです。なので、大企業での新規事業系インターンに興味がある人はとにかく早く応募した方が良さげです。東証一部上場企業で、オフィスが六本木の泉ガーデンタワー32階にあるのでテンションが上がること間違いなし。


全て知名度のある大企業に絞っているので、そこでインターンをするのは狭き門かもしれませんが、記事を見て「自分もインターンしようかなー」と思った人は是非チャレンジしてみてください。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou