1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,高校
 
人材不足で高校卒の求人数が急増

人手不足の業界を中心に人材を確保しようという動きが強まっている影響で、来年の春卒業する高校生を対象にした企業からの求人の数が、去年を5割近く上回っていることが厚生労働省のまとめで分かりました。

このうち、東京・練馬区の都立第四商業高校では、企業から送られてくる求人票が去年の同じ時期より5割ほど多いおよそ600件に上っているほか、採用のために学校を訪れる企業も3倍に増えたということです。

事務職を希望し、求人票を見に来た3年生の女子生徒は、「ことしは求人がたくさんあると先生から聞いています。選ぶのが大変です」と話していました。

進路指導担当の加藤由希子教諭は、「これまで高卒を採用していなかった企業からも求人が来て増え方に驚いている。生徒が希望する仕事に就けると期待している」と話しています。

厚生労働省のまとめによりますと、来年の春卒業する高校生を対象とした企業からの求人の数は、先月末時点で15万2363人で、去年の同じ時期に比べて4万7000人余り、率にして45.3%増えました。

産業別では、建設業で64.1%、運輸業・郵便業で58.5%、卸売業・小売業で58.1%、製造業で44%、それぞれ増えています。…

全文はソースで:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140730/k10013408231000.html

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

>東京・練馬区の都立第四商業高校では、企業から送られてくる求人票が去年の同じ時期より5割ほど多いおよそ600件に上っているほか、
この高校、偏差値45な訳ですが、一言で言うと企業「安価な労働力が欲しい」ということですね、分かります。就職先も出ていますが、見事に製造や販売・運輸ばかりですね…パズルのピースが埋まっていく。

【参考記事】東京都立第四商業高等学校:平成25年度卒業生(第69期)進路先一覧

>事務職を希望し、求人票を見に来た3年生の女子生徒は、「ことしは求人がたくさんあると先生から聞いています。選ぶのが大変です」と話していました。

事務職の有効求人倍率は0.2と企業側の需要が極端に低い職種だけど、無事希望の事務職になれるといいね…。多分難しいと思うけど。

>先月末時点で15万2363人で、去年の同じ時期に比べて4万7000人余り、率にして45.3%増えました。

この時期でこれだけ増えるってことは求人を出しに来ている企業は相当人手不足に悩んでるんですね。一体どんな業種が高卒を欲しがってるんだろう。(すっとぼけ)

>産業別では、建設業で64.1%、運輸業・郵便業で58.5%、卸売業・小売業で58.1%、製造業で44%、それぞれ増えています。

あっ…(察し) 「無理に高い金出して大卒を雇うくらいなら同じ作業内容で安く使える高卒でいいや」って業界ばっかじゃないすか。

先日、当サイト内でも本当に人手不足なのか?という記事を作成しましたが、頂いたコメントを見る限り、報道でも人手不足と言われている業界は本当に人手が足りないようです。(たくさんのコメントありがとうございました)

【参考記事】無内定速報:景気回復した訳でもないのに飲食や小売が深刻な人手不足なのは何故?

ただ、あくまで問題は「大卒の正社員求人」ですよね。

【参考記事】無内定速報:人手不足&売り手市場の真実…なんと正社員の求人倍率は0.61だった

非正規の求人が拡大している一方で正社員の求人は増えていないという実態がありますが、企業が安価に使えるパートやバイトなどの労働力で人手不足を補おうとするのではなく、正社員を増やしていかないと少子化も解決しないし、本当の意味での景気回復はないんじゃないかと思う。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou