1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

アベノミクス,大本営発表
 
完全失業率、6月は3.7%に上昇 女性の労働市場の参入で

総務省が29日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は3.7%で、前月に比べ0.2ポイント上昇した。悪化は2013年8月以来10カ月ぶり。ただ、主な背景は、景気回復で新たに求職しようとする動きや転職活動が活発になり、完全失業者が増えたためで、総務省は「雇用情勢は引き続き持ち直しの動きが続いている」とみている。

特に女性の労働市場への参入が増加している。子育てが一段落した主婦がパートタイムとして働こうとするケースが多く、完全失業率を押し上げる要因となった。6月は理美容や旅行、家事サービスといった生活関連サービス業や娯楽業などで女性の就業者数が伸びた。

完全失業率を男女別にみると、男性が0.1ポイント上昇の3.8%、女性は0.1ポイント上昇の3.5%だった。完全失業者数は244万人で11万人増加した。うち勤務先の都合や定年退職など「非自発的な離職」は1万人増、転職などの「自発的な離職」は3万人増、「新たに求職」している人は3万人増だった。…

全文はソースで:http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL29H2X_Z20C14A7000000/

このニュースに対するTwitterでの反応


このニュースの感想

>ただ、主な背景は、景気回復で新たに求職しようとする動きや転職活動が活発になり、完全失業者が増えたためで

もう日経は完全に政府の大本営発表のために公報機関に成り下がったな。さすがにこれは擁護出来ないレベルの言い回し。この日本のどこに失業率を変化させるほどの転職希望者がいるというのか。

【参考記事】
①無内定速報:売り手市場の正体…この1年で正社員58万人減、非正規100万人増
②無内定速報:人手不足&売り手市場の真実…なんと正社員の求人倍率は0.61だった

>特に女性の労働市場への参入が増加している。子育てが一段落した主婦がパートタイムとして働こうとするケースが多く、完全失業率を押し上げる要因となった。

これは一体どういうことなの…。子育てが一段落した主婦がパートに出ようとすると完全失業者を押し上げるの?????????
気になったので完全失業率について調べてみた。完全失業率の計算式は「完全失業率(%)=完全失業者/ 労働力人口×100」なんだけど、完全失業率とどういう関係があるんだろう。私立文系出身で数学がよく分からないので誰か詳しい人がいたら解説お願い。

>完全失業者数は244万人で11万人増加した。うち勤務先の都合や定年退職など「非自発的な離職」は1万人増、転職などの「自発的な離職」は3万人増、「新たに求職」している人は3万人増だった。

完全失業者のうちのむしろ残りの4万人は一体…。もう就職する気ない→生活保護コースとかだったりして…。生活保護受給世帯が過去最高を更新しているし、有り得るかも。

【参考記事】無内定速報:生活保護の受給者が160万世帯・216万人と過去最多を更新

ちなみにサラリーマン世帯の実質賃金が11ヶ月連続で減少中と、全く景気回復してる気配がないんですが…そろそろ嘘ばかりの大本営発表は止めて本当の意味での景気対策をしないとリアルに手遅れになりそう。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou