1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

飲食,底辺
 
松屋「牛めし」380円に、デフレの象徴に変化の兆し

牛丼チェーン大手の松屋は、現在、並盛り一杯290円で提供している「牛めし」の原材料などを変更し、380円へと大幅に値上げすると発表しました。…

並盛380円は2009年以来の高値設定で、高い品質を求める顧客の変化に対応するためと説明していて、デフレの象徴といわれた牛丼にも変化の兆しが見えています。

全文はソースで:http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2251739.html

このニュースに対するTwitterでの反応



このニュースの感想

>牛丼チェーン大手の松屋は、現在、並盛り一杯290円で提供している「牛めし」の原材料などを変更し、380円へと大幅に値上げすると発表しました。

素晴らしい。というかこれが本来の適正価格だと思う。吉野家も値上げする絶好の機会と捉えて追従してきそうですが、逆にすき家はさらに値下げしそう…。

ちなみに他社がデフレ脱却に向けて続々と値上げする中、イオンなどあえて値下げに踏み切った企業は軒並み赤字決算を連発しているらしい。これは自業自得ざまぁとしか。
2ちゃんやTwitterでは「もう2度と行かない」「もっと奴隷使って安くしろよ」「すき家最高」「やっぱりすき家が安くて一番」みたいな意見が多かったですが、こいつらどんだけ底辺思考なんだよと…。

そういった「安ければ安いほどいい」みたいな底辺思考のやつらと人を非人道的に安く使い潰すことで爆益を出していたブラック企業の凶悪コンボが長引くデフレ不況を作り出したんやでと言いたい。経済の仕組上、底辺ほどデフレの悪影響が回り回って自分の所に返ってくることを理解すべき。

>並盛380円は2009年以来の高値設定で、高い品質を求める顧客の変化に対応するためと説明していて、デフレの象徴といわれた牛丼にも変化の兆しが見えています。

5年前はこの価格だったのか…。もう10年位前から200円台だったイメージ。それだけ脳内に「ファーストフード=安い」っていうのが刷り込まれてたんだな…。正常な経済社会に戻すためにも今こそデフレ脱却に向けて正常な感覚に戻らないといけないと思う。

ただ、価格だけ上げてそれに伴う付加価値を提供出来ないと今のマクドナルドと同じ運命を辿ってしまうので、これからが正念場でもあると思う。個人的にはこの勇気ある決断を応援したいなと。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou