1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

ブラックバイト
 
アルバイトが学生生活を脅かす



学生頼みが加速する現場

一方、雇う側にも、学生に頼らざるをえない事情があります。

取材に応じた居酒屋は、店員の半数がアルバイトで、学生なしでは営業できません。背景にあるのが厳しい競争です。

メニューのほとんどは、200円台から300円台という低価格で、景気が回復しても、客が離れてしまうことをおそれ、値上げはできないと言います。経営者は、利益を確保するためには、経費の大きな割合を占める人件費を抑えるしかないと考えています。このため、学生アルバイトが必要なのです。

経営者は「企業の負担を減らすという意味で、アルバイトに頼らなければいけない現状はまだまだ続くと思う。学生に頼らないと仕事が回らない」と話します。

悲鳴の声 それでもやめられない学生たち

学生頼みで営業せざるをえない現場。

この現場から「アルバイトがつらい」という学生の悲鳴が上がっています。名古屋市の中京大学の大内裕和教授が学生300人に実施したアンケートでは、「16時間働かされる」や「休むと罰金を要求される」など問題を訴える声が全体の6割に達しました。

ところが、その一方で「周囲もそれが当然と捉えている」や「なかなか断れない」などの回答もあり、学生たちがアルバイトであるにもかかわらず、仕事をやめられないと考えていることが浮かび上がってきたのです。

やめられない背景にある重い責任

多くの業種で人手が不足している今なら、ほかの仕事に移ることは簡単なはずです。なぜ、そうしないのでしょう。取材を進めるなかで見えてきたのは、アルバイトが正社員並みの「責任」を負わされている姿でした。

生活費のために小売店でアルバイトを続けてきた平田さんも、その1人です。平田さんによると、正社員は店長の1人だけです。

しかも、1人で複数の店舗を担当するため、一つ一つの店に十分な目配りをする余裕はありません。店の営業は、店長に代わってパートやアルバイトのリーダーに任されていたといいます。レジや品だしを担当していた平田さんは、働きぶりが買われて、売り場のレイアウト作りまで任されるようになり、当初はやりがいを感じていました。その後、アルバイトの募集やシフト作りなど、リーダーの業務はどんどん広がっていきました。

ついには、店の責任者として、乱暴な客に対するクレーム処理などトラブルの矢面にも立つようになったのです。日ごとに責任が重くなり、平田さんはやめようかと考えたこともあったそうです。しかし、ほかの学生アルバイトにしわ寄せがいってしまうと考え、とどまったのです。

平田さんは、「自分がやらなければお店が回らなくなるし、そうなって困るのは結局、現場にいるほかのスタッフ。ほかのスタッフが困るのに見捨てることはできない。だから、やるしかなかった」と語ります。

アルバイトが学生生活を脅かす

学生アルバイトの責任が増している裏側にあるのが“不安定雇用の拡大”です。

働く人に占める「非正規労働者」の割合は年々増加し、それに伴って職場で重要な役割を果たすようになっています。このため、非正規労働者の学生アルバイトにも、以前より大きな責任が要求されていると考えられるのです。

一方、大半の学生にとって、アルバイトは社会との最初の接点です。まじめな学生であるほど、求められると「そういうものだ」と意外に素直に従ってしまうことが多いというのです。

そうした学生は、どんどん重い責任を負わされるおそれがあります。このことはやがて、学業への支障を及ぼす場合もあります。平田さんの場合もそうでした。店で問題が起こると、平田さんのもとには、指示を仰ぐ電話が頻繁にかかってきました。

学校で授業を受けている時も、サークルや就職のための講座の最中も電話があり、平田さんは対応せざるをえなかったといいます。

今回の取材では、ほかの学生からも「就職の面接が受けられなかった」「試験勉強ができなかった」などの声を聞きました。本来、学業を支えるはずのアルバイトが、いつの間にか学生生活そのものを脅かすことがあるのです。

過度な責任に苦しまないために

では、どうすれば、学生が行き過ぎた責任を負わずに済むのでしょうか。弁護士たちが動き始めました。先月、名古屋市の大学でアルバイトをテーマにした特別講義が開かれました。

弁護士たちは、「試験があるのに約束と違うシフトを無理やり入れられた時、『できません』と断ることは、決してわがままではない」などと具体的な例を上げて、アルバイトでも働く条件を主張できるため、バイト先から言われたことをうのみにしないようにと呼びかけました。…

アルバイトは社会勉強として大事なことです。しかし、社会に出る準備段階の学生を、安くて、使い勝手のよい労働力としてだけ利用し、学業を妨げては、巡り巡って日本の将来にとっても損失につながりかねません。それだけに、その働き方に私たちも目を向けなければならないと思います。

全文はソースで:http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_0710.html

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

「試験でバイトを休む?甘えるな!そんなんじゃ社会に出たら通用しないぞ!」

飲食や小売なんかの現場によくありがちなセリフだと思いますが、甘えてるのはむしろこうやって安く人を使い潰すことでしか利益を上げられないブラック企業の経営者なんだよなぁ…。

>メニューのほとんどは、200円台から300円台という低価格で、景気が回復しても、客が離れてしまうことをおそれ、値上げはできないと言います。経営者は、利益を確保するためには、経費の大きな割合を占める人件費を抑えるしかないと考えています。

ていうか、こうやって安さでしか売上を上げられない社会に対する何の価値も生み出さないクソみたいな企業は1秒でも早くさっさと潰れるべき。
商品の値段を下げればそれだけ原材料・人件費などを削らなければいけない訳で、こういう企業が長引くデフレ不況を生み出し、多くの非正規やワープア、過労死を生み出した元凶だと思う。

>経営者は「企業の負担を減らすという意味で、アルバイトに頼らなければいけない現状はまだまだ続くと思う。学生に頼らないと仕事が回らない」と話します。

経営者としてよくこんな恥ずかしいことを堂々と言えるなとホントあきれる。自分がどれだけ不幸な人を作り出しているか考えたことないのだろうか。

>弁護士たちは、「試験があるのに約束と違うシフトを無理やり入れられた時、『できません』と断ることは、決してわがままではない」などと具体的な例を上げて、アルバイトでも働く条件を主張できるため、バイト先から言われたことをうのみにしないようにと呼びかけました。

最初に結んだ労働条件と違うことをやらされたり、サビ残などの違法な労働をさせられた場合は法律上、こちらから労働契約を破棄することが出来るので、それを理由にどんどん辞めるべきだと思う。最悪、それで恫喝まがいなことをされたら弁護士や行政書士、国の機関などに相談しましょう。ソース元のようなブラックな環境でバイトをしていれば精神も摩耗するし学業にも支障が出ると思うので。

とにかくこういったブラック企業をなくすためにはとにかくその企業で働かないこと、商品を買わないこと・利用しないことに尽きると思う。特に安さでしか勝負が出来ない飲食チェーン店とかには日本経済の健全化のためにもホント早く潰れて欲しい。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou