1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

売り手市場,景気回復

(人手不足列島)雇用、増えるは非正社員ばかり 求人22年ぶり高水準でも

5月の有効求人倍率が1・09倍と、バブル経済崩壊直後の1992年6月以来、約22年ぶりの高水準となった。数字上はバブルの余韻が残る時期に並ぶ「人手不足」だが、いまはパートや派遣社員など非正社員の求人が中心で、雇用の「質」は当時と大きく異なる。「就きたい仕事がない」との声も、職を探す人からは漏れる。…

職を探していた40歳代の男性は「飲食やパチンコ店など大変そうな仕事ばかりしかない」と肩を落とした。希望の「正社員、手取り月20万円以上」の仕事は見当たらない。…

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000003-asahik-soci

このニュースに対するTwitterでの反応



このニュースの感想

>数字上はバブルの余韻が残る時期に並ぶ「人手不足」だが、いまはパートや派遣社員など非正社員の求人が中心で、雇用の「質」は当時と大きく異なる。

最近やっと大手の新聞でもこういう真実を伝える記事が増えてきたように思える。日経新聞とかは「景気回復」「売り手市場」と煽るだけで絶対にこんな話題は報道しないけど。

テレビしか見ない人からしたら「え、景気回復で人手不足なんでしょ?それなのに何で正社員になれないの?」と思うかもしれないけどこれが真実という。

【参考記事】
①無内定速報:売り手市場の正体…この1年で正社員58万人減、非正規100万人増
②無内定速報:人手不足&売り手市場の真実…なんと正社員の求人倍率は0.61だった

>職を探していた40歳代の男性は「飲食やパチンコ店など大変そうな仕事ばかりしかない」と肩を落とした。希望の「正社員、手取り月20万円以上」の仕事は見当たらない。
2ちゃんやTwitterなんかの反応を見ると「甘えんな」「選ばなきゃ仕事はいくらでもある」みたいな自己責任を問う声がチラホラあったけど、そうやって皆が悪条件で仕事に就いたからブラック企業が繁栄したし未だに蔓延しているのであって、東京などの都心部で「正社員でかつ手取り20万」というのは生きていくのに最低条件な気がする。独身はともかく40代で家族持ちの人の場合とかは特に。

個人的には自らの意思で飲食などのブラック業界で働いているのに何故か職場に文句を言わず、こういった労働者として当たり前の主張をしている人を叩く人にこそ「文句があるならさっさと転職しろ」「お前みたいなのが悪条件にも関わらず働いてるからいつまでもブラックがなくならないんだ」と言いたい。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou