1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

大企業,公務員
 

<ベンチャー支援>政府 大企業と連携促進

政府が成長戦略に盛り込むベンチャー支援策の全容が7日判明した。ベンチャー企業と大企業が連携して新規事業を創造する「ベンチャー創造協議会」(仮称)や、後継者不足の企業と創業希望者を橋渡しする「後継者人材バンク」(仮称)の設置が柱。…

経済誌「フォーブス」が世界の有力企業を売上高や時価総額などでランキングした世界のトップ2000社(2013年)をみても、1980年以降に設立された米国企業が154社ランクインしているのに対し、日本は24社にとどまっている。

安倍晋三首相は「日本を米国のようにベンチャー精神のあふれる『起業大国』にしていきたい」として、「異次元のベンチャー支援策」を成長戦略に盛り込むよう指示。経済産業、財務、文部科学、金融の各省庁で関連施策を検討してきた。

今回の施策の柱はベンチャー創造協議会。これまではベンチャー企業そのものに焦点を絞った支援策が多かったが、協議会はベンチャーだけでなく大企業も対象に加え、両者の「出会いの場」とする。

大企業との連携をベンチャーの事業拡大につなげるほか、創造力豊かなベンチャーから刺激を受けることで大企業が「ベンチャー化」し、新たな事業分野への進出を促す狙いもある。協議会は、自由な意見交換・交流を行う「サロン形式」で運営する見通し。…

後継者人材バンクは後継者不足に悩む企業と、起業家をマッチングすることを想定。「団塊世代」の経営者の引退が加速する中、中小・中堅企業の後継者不足が従来以上に深刻化しており、人材バンクに登録した起業家に事業継承や、新事業への転換を進めてもらうのが狙いだ。創業や開発資金を集めやすくするため、関係省庁間で検討の場を設けて具体策を協議。

また、政府調達でベンチャー企業の製品やサービスを積極活用する方針も盛り込む。日本では起業に対する関心が低いことから、優秀なベンチャーを社会全体で称賛する表彰制度として「内閣総理大臣賞」も新設する。小学校から大学・大学院に至るまで起業家教育も強化し、「挑戦する人材」の育成も目指す。【三沢耕平】…

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140608-00000012-mai-soci

このニュースに対するTwitterでの反応



このニュースの感想

出る杭は打たれる、公務員・大企業優遇の日本社会が起業大国になることは有り得ないと思う。
新進気鋭のベンチャーが新しい技術やサービスでイノベーションを起こしてもすぐにイナゴのごとく大企業が巨大資本をもってして参入し、市場が成熟する前にレッドオーシャン化させてダメにしてしまうという。あなたのことです、リクルートさん。

>大企業との連携をベンチャーの事業拡大につなげるほか、創造力豊かなベンチャーから刺激を受けることで大企業が「ベンチャー化」し、新たな事業分野への進出を促す狙いもある。

これって結局ベンチャーの技術やノウハウを大企業に吸収させるってこと?

あと日本の大企業ってどの程度の規模の大企業を想定しているのかは分からないけど、組織が硬直化している日本の大手電機メーカーなんかがベンチャー化することは難しいと思う。

ベンチャーなら5分の会議で決まることを大企業では社内政治・決裁の関係で半年とかかかったりするし。いかにもベンチャー・大企業双方の勤務経験がない公務員が考えた政策って感じがする。

>小学校から大学・大学院に至るまで起業家教育も強化し、「挑戦する人材」の育成も目指す。

一度事業に失敗したら二度と這い上がれない、借金を払うため首を括る、なりたい職業ダントツナンバーワンが公務員、こんな国が起業大国を目指すなんてお笑いすぎる。

いかにも総理の思いつき発言を無理矢理政策化しましたという感じだけど、資金の集め方やVCの規制緩和、チャレンジする人を歓迎する社会を作るなど、もっと根本的な制度改革をしなきゃ起業する人なんて増えないと思う。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou