1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

女子,社会進出
 

<成長戦略>女性登用義務化 自治体・企業に…関連法案検討

安倍政権が推進する女性の活躍促進のため、政府が月内に策定する新たな成長戦略に盛り込む施策の全容が2日、分かった。国や地方自治体、企業に対し、女性登用の目標や行動計画の策定、公表の義務化を検討。来年の通常国会に関連法案の提出を目指すことなどが柱で、民間の女性登用を後押しする新たな認定制度の創設や、助成策を検討し、「今年度中に結論を得る」としている。

検討する施策では、公務員への女性職員の採用・登用拡大のため、「国家公務員が率先して取り組む」とし、全府省の次官級からなる「女性活躍・仕事と家庭の調和推進協議会」を設置。女性の登用目標の設定や進捗(しんちょく)状況を公表し、取り組みを着実に進める。

企業に対しては、有価証券報告書に女性役員の比率の記載を義務づけるほか、コーポレートガバナンス(企業統治)に関する報告書に、役員や管理職への女性登用促進に向けた取り組みを記載するよう求める。女性登用に積極的な企業を評価する指針を国や自治体が策定し、公共事業などの受注機会増加を図る。育児休暇中の代替要員の確保や復職の環境整備を行う企業への支援制度も拡充する。…

保育園などに入れない待機児童解消に向けては、「保育士確保プラン」を年内をめどに策定。育児経験のある主婦らを対象に、保育士をサポートする新たな公的資格「子育て支援員」の創設も盛り込んだ。家事サービス業者からなる推進協議会を設置し、安価で安心なサービス体制の構築も支援する。

安倍政権は「20年には、あらゆる分野で指導的地位の3割以上が女性となる社会を目指す」が目標。女性の社会進出を進めるため、会社員の夫と専業主婦の妻の世帯を中心に税負担を軽減する「配偶者控除」などの見直し議論を進めている。…

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140603-00000012-mai-bus_all

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

あまりに愚策すぎて吹いた。この政府はイマイチ何がしたいのかホントによく分からない。
女性が多い業界にとってはいいと思うけど、女性が少ない業界とかだと使えない女性を無理にでも登用しなきゃいけないってことか。企業運営はボランティアじゃないんだが…w

>検討する施策では、公務員への女性職員の採用・登用拡大のため、「国家公務員が率先して取り組む」とし、全府省の次官級からなる「女性活躍・仕事と家庭の調和推進協議会」を設置。

公務員の中でも特に国家公務員は着々と女性の採用比率を高めているようですが、これ官僚志望の男子大学生にとっては発狂レベルだろうな…w

ぶっちゃけ女性の上司は感情的な人が多いから相性の善し悪しで評価とか左右されそうだし、正当な評価体制が確立されていない日本企業でヒステリックな女性上司に当たったら大変だろうなと思う。

>女性登用に積極的な企業を評価する指針を国や自治体が策定し、公共事業などの受注機会増加を図る。

あまりに人手不足が深刻な建設業界に対し、国の施策で建設業に従事する女性、通称ドボジョ(土木女子)を数年で今の倍に増やすそうですが、上記の文はそことの繋がりもありそう。

>保育園などに入れない待機児童解消に向けては、「保育士確保プラン」を年内をめどに策定。育児経験のある主婦らを対象に、保育士をサポートする新たな公的資格「子育て支援員」の創設も盛り込んだ。

保育所を増やして待機児童を減らすという取り組みは良いと思いますが、この新たな公的資格はどう考えても天下り先を増やすためとしか思えない。税金投入で役人の天下り先を確保するより保育士の待遇を改善しろよと。

>女性の社会進出を進めるため、会社員の夫と専業主婦の妻の世帯を中心に税負担を軽減する「配偶者控除」などの見直し議論を進めている。

結局はこの配偶者控除を廃止したいというのが本音だとは思いますが、配偶者控除を廃止させて主婦を働きに出させた結果、若い人の雇用がなくなりましたなんてことにはしないで欲しいところ。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou