1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

非正規,増加
 

「採用する気のない求人」によって嵩上げされる「有効求人倍率」と、でっち上げられる「人手不足社会」

「厚生労働省が30日発表した4月の有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍と前月から0.01ポイント上がった。改善は17カ月連続で2006年7月以来7年9カ月ぶりの高い水準となった。製造業やサービス業を中心に求人が増えている。景気の回復を受け、経営者が雇用に前向きになっている」(30日付日本経済新聞 「雇用7年9か月ぶり高水準」)

日本を代表する経済紙は、何が何でも「人手不足社会」であるという世論を作り上げたいようです。30日付の夕刊では、一面トップで「企業の人手不足強まる」という小見出しまで付けて、有効求人倍率が1.08倍と「7年9か月ぶり高水準」になったことを報じています。…

しかし、気に掛かるのは、都合のいい表面的な部分だけを大袈裟に報じ、日本を代表する経済紙として当然すべく中身の分析を全くせず、何のチェック機能も果たさない「政府の広報誌」に成り下がっていることです。…

平成26年4月の数値をみると、有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍となり、前月を0.01ポイント上回りました。新規求人倍率(季節調整値)は1.64倍となり、前月を0.02ポイント下回りました。正社員有効求人倍率は0.61倍となり、前年同月を0.12ポイント上回りました。」(厚生労働省「一般職業紹介状況(平成26年4月分)について」)

厚労省が公表した報道資料の冒頭部分には、このように「有効求人倍率(季節調整値)は1.08倍となり」の直ぐ後に、「正社員有効求人倍率は0.61倍となり」(何故正社員の統計が「季節調整値」ではなく「実数」になっているのかも不思議ですが)と明記されています。しかし、朝日新聞が下記のように報じた以外、この事実を報じたメディアは見当たりません。

「正社員を希望する人でみると、有効求人倍率(原数値)は0.61倍で前月を0.04ポイント下回った。求人は依然、非正規が中心となっている。このため、企業が出した求人のうち、実際に採用に結びついたのは2割にとどまった」(30日朝日新聞DIGITAL「有効求人倍率、バブル後の最高値並み」)

厚生労働省も、「正社員有効求人倍率は0.61倍となり、前年同月を0.12ポイント上回りました」と、如何にも「正社員有効求人倍率」が回復基調にあるという錯覚を与えるような表現をしています。しかし、現実は、朝日新聞が報じているように前月を0.04ポイント下回っているうえ、2月の0.67倍をピークに2か月連続での低下となっています。

さらに、「正社員の有効求人倍率」は、厚生労働省がいう通り、前年同月を0.12ポイント上回っていますが、「正社員の就職件数でみると、2014年4月は83,098件と、2013年4月の84,044件から946件減少しているのです。…

でっち上げられる「人手不足社会」

有効求人10件に対して1人以下しか企業が採用しないという現状からいえることは、実際には「人手不足」ではない可能性が高いということです。

企業が本当に「人手不足」に困っているとしたら、10%にも満たない「成約率」が上昇して然るべきですが、現実には2010年3月の14%をピークに低下傾向を辿っています。「成約率」が10%にも満たない水準で横這いになっているということは、少なくとも企業側の「正社員に対する採用意欲は高くない」ということです。

「成約率」が極めて低い状況に留まっているのは、よく言われる「雇用のミスマッチ」もあることは確かだと思われますが、「採用する気のない求人」がかなり含まれている可能性も否定出来ません。非正規職員を多く抱えるハローワークが、「成果」を求めて「採用する気のない求人」を集めていることは、これまでも指摘されていることです。

実際の「就職件数」と「成約率」が低迷する中、「採用する気のない求人」を掻き集めることで「有効求人倍率」を嵩上げし、それによって「人手不足社会」を必死にアピールする政策当局と日本を代表する経済紙。その根底にあるのは、現実には程遠い「経済の好循環」の演出であることは想像に難くありません。…

全文はソースで:http://blogos.com/article/87561/

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

>正社員有効求人倍率は0.61倍となり、
(バイトやパート・派遣などの非正規社員にとっては)売り手市場でした。正社員を目指す人にとっては余裕で買い手市場です。本当にありがとうございました。

>日本を代表する経済紙は、何が何でも「人手不足社会」であるという世論を作り上げたいようです。

ほんとこれ。当サイトでも就活生の「全然売り手市場なんかじゃない」という声を多数貰ったので、こういう状況であるということは理解していたものの、そういった声を貰うまでは自分も完全に就活楽勝モードの売り手市場だと思っていました。これ完全に大手メディアによる印象操作じゃん。

最近、おっさん向け雑誌であるニュースポストセブンが異常なまでに「就活は女性が有利」「女性を多く採用した会社は業績が良くなる」「最近の新卒は女性は優秀だけど男性はゴミ」みたいな記事を連日のように書いているので、おそらく国の「女性の社会進出を促す」という政策のためのプロパガンダ機関になっているのかなと思っています。(あくまで個人的な邪推ですが)

>求人は依然、非正規が中心となっている。

実際のところ、正社員を削減し、バイトやパート・派遣などの非正規に置き換える動きがこの数年確実に加速しているようです。有効求人倍率の上昇や人手不足はそこから来るものではないかと。

【参考記事】無内定速報:売り手市場の正体…この1年で正社員58万人減、非正規100万人増

このソース元の記事、大手新聞や報道各社では絶対に報道しないような内容ですが、これだけ売り手市場を煽る裏には政府与党&経済界による移民政策を推進したいという思惑があると思います。

人手不足で日本人の働き手がいない状況を散々見せておいて「じゃあ移民を入れるしかないね」という世論を作り上げていく。あくまでこれも個人的な邪推ですが、本当にそうならないことを願うばかりです。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou