1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

大企業,民事再生
 

「ミセスロイド」の白元が負債255億円を抱え民事再生

(株)白元(TDB企業コード985130709、資本金43億2473万8302円、東京都台東区東上野2-21-14、代表鎌田真氏、従業員419名)は、5月29日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。…

当社は、1923年(大正12年)1月にナフタリン防臭剤の製造販売を目的に個人創業、50年(昭和25年)1月に法人改組された防虫剤や防臭剤などの製造業者。パラジクロルベンゼン系衣服用防虫剤「パラゾール」、使い捨てカイロ「ホッカイロ」、ピレスロイド系衣服用防虫剤「ミセスロイド」、保冷枕「アイスノン」など息の長いヒット商品が多く、トイレタリー業界屈指のロングセラーメーカーとしてトップ企業の地位を構築。…

また、2000年4月には大正製薬から家庭向け殺虫剤「ワイパア」ブランドの営業権を取得し、同時に同製品の製造業者を買収し、殺虫剤事業に参入。その後も、医療衛生品メーカーや入浴剤メーカーを傘下に収め、「快適ガードプロ」や「バスキング」をはじめとする衛生用品、入浴事業にも参入するなど取り扱い製品を拡大させ、大手生活用品商社を中心に販路を築き、2010年3月期には年売上高約332億3700万円を計上していた。

しかし、主力のカイロ部門の売り上げが伸び悩むなか、他社の新規参入の影響もあって保冷剤部門の売り上げが大幅減収となり、2013年3月期は年売上高約304億8600万円と落ち込んでいた。…

また、収益性が低く、資金負担が重いカイロ事業を2014年1月に興和(名古屋市)に売却するなど経営改善に努めていた。…

負債は、申し立て時点で約255億円。

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140529-00010000-teikokudb-ind

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

正確には民事再生法の申請なのでこれからスポンサーを探して会社を立て直しますという再建目的型の倒産という感じですね。(倒産の定義は帝国データバンクより)
ホッカイロやアイスノンでおなじみという人も多いと思いますが、実はこの会社「ソックタッチ」を作っている会社としても有名です。

社長がハーバードのMBA持ちということですが、殺虫剤事業や医療品、入浴剤メーカーを買収したりと老舗メーカーには珍しく攻めの経営をしていたんですね。

>しかし、主力のカイロ部門の売り上げが伸び悩むなか、他社の新規参入の影響もあって保冷剤部門の売り上げが大幅減収となり、2013年3月期は年売上高約304億8600万円と落ち込んでいた。

このカイロや保冷剤、入浴剤といった市場は「絶対にここの商品しか使わない」みたいなものがないから難しいですよね…。一つヒット商品が出ると競合他社がこぞって似たような商品を出してくるし。アイスノンも似たような商品で価格が安いものがあればそっちを買っちゃうと思うし。

今後どうやって企業再生していくのか見物ですね。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou