1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

GREE,業績悪化

グリーよどこへ行く 脱ゲーム依存へ 買い取りビジネス

携帯電話向けゲーム大手のグリーが、バッグなど中古ブランド品の買い取りビジネスに乗り出した。「探検ドリランド」のヒットで一時は破竹の勢いだったが、ガラケーからスマホへの流れに乗り遅れ、業績は低迷。売上高の9割以上を占めるゲームに代わる事業の柱を模索している。

グリーは今月8日、ブランド品の中古バッグ買い取りビジネス「ウットク」を始めた。グリーによれば、30歳代の女性は平均6・3個のバッグや財布を持つが、そのうち3・8個は使われていない。お金に換える価値があると彼女たちに気づかせ、人目を気にせずネットで処分できる利点をうたう。サービス名は「売って得する」に由来する。

グリーは商品集めに徹し、査定や転売は提携先の中古品売買大手のコメ兵が担う。ヤフーが、中古本販売のブックオフコーポレーションと資本・業務提携したのを引き合いに、田中良和社長は「ネットでリユース(再利用)事業は成長が見込める」と語る。

これまでグリーは大量のCMを流し、「無料でゲームができる」とのふれこみで、登録会員数(3500万人以上)を増やしてきた。創業7年半の2012年6月期決算の売上高は1582億円を記録した。

だが、無料で誘導しながらアイテム購入に課金し、「後で高額請求された」と消費者センターに相談が殺到。消費者庁は課金システムの「コンプガチャ」が射幸心をあおるとして規制に乗り出し、グリーは廃止に追い込まれた。…

全文はソースで:http://www.asahi.com/articles/ASG5Q76NBG5QULFA036.html

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

なるほど…「任天堂の倒し方知ってますよ」とはむしろゲーム以外で倒すことだったのか。

>「探検ドリランド」のヒットで一時は破竹の勢いだったが、ガラケーからスマホへの流れに乗り遅れ、業績は低迷。

業績は下降気味とはいえ、ソシャゲーは利益率がハンパないから実は財務的にはまだまだ余裕という。あと売上も上場〜ここ2年位前までの伸び率が異常だっただけで全体的に見るとそんなに落ちていないという。
ここの場合は技術者をソシャゲーバブルの煽りを受けて高額で引き抜きまくっただけで、それが売上に対する利益率の抑制という意味でリストラしまくってるんだと思うけど、技術者の人件費を他のソシャゲー会社と同じような価格に戻せば余裕でやっていけると思う。(むしろ現在進行形で年棒カットはガンガンやってると思うけど)

自分が零細ベンチャーに居た頃に「GREEやDeNAに行きたいエンジニアを紹介してくれたら紹介報酬200〜300万円を払うよ」みたいな案件が来てたからなぁ…。もしその当時10人紹介出来てたらそれだけで会社の売上2〜3千万というw インテリジェンスとかソシャゲーバブル時代にこの2社へのエンジニア紹介だけで相当売り上げたと聞いていますw

>グリーは今月8日、ブランド品の中古バッグ買い取りビジネス「ウットク」を始めた。グリーによれば、30歳代の女性は平均6・3個のバッグや財布を持つが、そのうち3・8個は使われていない。お金に換える価値があると彼女たちに気づかせ、人目を気にせずネットで処分できる利点をうたう。サービス名は「売って得する」に由来する。

ぶっちゃけこれは失敗する予感しかしない…。GREEがこの事業をやる理由(想い)が伝わってこないというか…。

デジタルコンテンツじゃなく安定的な実業を手に入れたかったのかもしれないけど、せっかく優秀なエンジニアが揃ってるんだし、ネイティブアプリでヒット作を狙った方が良かったような気も…。mixiとかモンスト効果でこの半年で株価が10倍になったらしいし、ガンホーやコロプラもネイティブアプリで業績絶好調だしなぁ…。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou