1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

東電,中抜き
 

「トイレにも行けない」「奴隷扱い」 福島第一また違法労働

東京電力福島第一原発で、作業員らに労働基準法で許される十時間を超える事故収束作業をさせたとして、安藤ハザマ(東京都港区)の下請け企業が、福島県の富岡労働基準監督署から同法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。安藤ハザマも適正に管理するよう指導を受けた。福島第一では昨秋、東芝やその下請け計十八社が同様の違反で是正勧告を受けたばかり。東電が元請け各社に適切な労働管理をするよう要請した後も、十時間を超える作業がなされていた。…

関係者の話を総合すると、少なくとも今年一~二月、溶接型タンクの増設作業で、作業員らに十時間超の違法労働をさせていたとされる。長いケースでは福島第一に十三時間半も滞在していた。休憩は、昼食時間の実質三十分ほどだけだったという。

原発内の労働は被ばくを伴うため、一日の労働時間は労働基準法で、通常の八時間のほか二時間の残業の計十時間以内に制限されている。十時間には休憩時間は含まれないが、朝礼や打ち合わせ、待機時間など労働に必要な拘束時間は含まれる。

作業員らによると、残業はタンクの納期が近づく月下旬に集中。「明日までに仕上げなくてはならない」「時間がない。(休み予定の日も)出てくれ」などと工程通りに仕上げるように言われた。中には、残業を減らすよう頼むと「要求に従わないならクビだ」と解雇された人もいるという。

作業中に「トイレに行きたい」と言える雰囲気ではなく、現場で失禁してしまう人もいたという。ある作業員は、「休憩時間は昼に一時間あるが、休憩所までの移動や防護服の着替えを考えると、休みは実質三十分。残業を含めると作業は五、六時間休みなし。途中で疲れて休むと怒られた」と話した。十時間が近づくと線量計アラームが鳴るが、作業は続行したという。「人間扱いされていなかった。奴隷だと思った」…

東電は「(元請けに)労務管理の徹底をお願いしているが、当社も元請けとともに労働者保護や就労環境の向上に引き続き努めたい」と話した。

全文はソースで:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014051590070842.html

このニュースに対するTwitterでの反応


このニュースの感想

どうして東電の社員様は福一に作業員として行かないのかな?

個人的には東電本社で年収1,000〜1,500万位貰ってダラダラ仕事してる人達が進んで行くべきだと思うけど。

自分達が起こした事故なんだから自分達で責任を取るのが企業として当たり前の姿勢なんじゃないのかな。それなら今のクソ高い電気料金にも何の文句を言わないけど。

>安藤ハザマ(東京都港区)の下請け企業が、福島県の富岡労働基準監督署から同法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。
この7〜8次請けまで中間搾取して本来の労働者に正当な対価が入らない仕組みが最大のガンだと思う。893とか地元利権とか色々絡んでるんだろうだけど、東電がわざわざ下請けに発注しなくてもダイレクトに日給4万とかで集めれば解決するのに。

>残業を含めると作業は五、六時間休みなし。途中で疲れて休むと怒られた」と話した。十時間が近づくと線量計アラームが鳴るが、作業は続行したという。「人間扱いされていなかった。奴隷だと思った」

これは酷いな…大した見返りもなくただただ死期を早めてるだけってリアル奴隷じゃん。こうやって立場の弱い貧乏人は死ぬまで搾取されていくのか。

そのうち中抜き業者が連れて来てたホームレスのストックが尽きて今後続々と来日する予定の外国人労働者もガンガン福島第一原発に投入されるようになりそう。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou