1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

E69797E381A0E38197
 

「戦力」欠き農家焦り 新岩手農協管内の実習生問題

新岩手農協(本所滝沢市)の農家で今年受け入れる予定の外国人技能実習生88人が入国できない問題で、関係者は10日、先行きが見えない状況に危機感を募らせた。この問題の背後には深刻な担い手不足がある。キャベツやレタスの一大産地の岩手町や一戸町では、実習生は事実上の戦力として一翼を担う存在。作付けも来日を見越して進めているだけに、農家は焦りの色を濃くしている。…

一戸町の生産者は、事態が好転しなかった場合、地元雇用による人手確保も視野に入れる。ただ、過去に地元高齢者をパート雇用した農家からは「急に来られなくなるケースもあり、腰を据える実習生の方が計画通りにいく」という声も。同町奥中山の男性生産者(53)は「求人に効果があるかは分からない。作付けした分は朝から晩まで働いても収穫しきれるか不安だ」と危機感を強める。

全文はソースで:http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20140511_2

このニュースに対するTwitterでの反応




このニュースの感想

思いっきり戦力って言っちゃってるけど…アカンでしょ。そもそもの外国人研修生受け入れの趣旨から逸脱しすぎでは…?
事の発端→外国人研修生を受け入れていた九州の企業で実習の計画とは異なる作業をやらせていたことが発覚し法務省の入国管理局が岩手に来る予定だった研修生88人にストップをかける→外国人研修生をあてにしていた農家が発狂という流れ。

こういうニュースの場合、たいてい「若いやつが農業をやりたがらないから外国人研修生に頼るしかない」っていうけど、そもそもスーパーやコンビニのバイトより賃金が安くて劣悪な環境で好き好んでやる人がいるのかと。

先日、無内定速報内でも取り上げましたが、そのうちこの外国人研修生の問題は国際的な人権問題になると思う。

【参考記事】無内定速報:平均年収2,500万の奇跡の村、実は外国人研修生(奴隷)をフル活用してた

はてぶ74にツイート167、FBいいね!55にコメント61件とたくさんの反応を頂きありがとうございます。

今TPP参加の是非が話題になっていますが、日本の農家がこんな末期がん患者にモルヒネを打って辛うじて延命しているような状態ならTPPでこういった外国人研修生頼みの農家を完全に潰すかしてリセットした方が良いのではないかと思う。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou