1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,コツ
 

「最後に、なにか質問はありますか?」は、合否を左右するとても大事な質問だった!



なぜか。この質問は、その会社に本当に関心と熱意があるかを問うための質問だからです。

面接でさまざまな質問が投げかけられる中で、この質問がもっとも大事な質問です。志望動機や自己PRよりも、はるかに大事。

大事、というのは、採否を分ける可能性があるから、しっかり答えるべき質問である、という意味です。

本当にその会社に入りたいと思っているなら、当然ですが、突っ込んだ情報収集をしているはず。…

逆に、聞きたいことがないとすれば、よく調べていないということ。つまり、それほど関心も熱意もない。少なくとも、面接官はそう判断します。

「熱意がある」というのは「準備をしている」こと



「長く勤めていらっしゃると思いますが、この会社のどういうところが好きですか?」

面接官である私に、こう質問した学生がいました。これはあまりいい質問ではありません。…

こういう質問をしたいときには、「私はこう思うのですが、どうなのでしょうか」と、自分なりの仮説を述べて、それに対する回答を聞くのが1つのやり方です。

まず、質問すること。質問しないのは言語道断。

それが鉄則ではありますが、ではどういう質問がいいかというと、上記のような面接官個人への質問ではなく、事業内容や社風についての確認や質問だと思います。

社会で「熱意がある」とみなされるのはどういう状態のことかというと、「準備をしている」ことです。これは、よく言われることですが、まったくその通り。「なにか当社に質問はありませんか?」という問いに備えて、仮想の質問をいくつも考えておくべきでしょう。…

入社1年目社員が振り返る「最後の質問」でできた“挽回”

さて、それでは今回も原稿を読んでもらった若手ビジネスパーソンに、感想と経験をふまえたコメントをいただきましょう。

まず思い出したのは、ある会社での一次面接です。…

面接は、緊張と特に魅力的でもないエントリーシートがあいまって予定よりもかなり早く終わりそうでした。

それでも「何か聞きたいことある?」と聞かれた際、それまで受けてきた企業で聞いた話と、この会社のある事業とを絡めて質問。

面接官の1人が興味をもち、その話題で話し込みました。

日ごろ考えていたことと、私の意見が重なったようでしたが、今、上司として働いているその面接官にその話をしても、私を面接したこと自体、覚えていませんでした。

ですが、評価シートをつけるまでは、「一応、こいつは残すか」と思わせる程度に、1つの質問で挽回できたのだと思います。

最後の質問をされる頃には既に結果は出ていると思う向きもあるでしょうが、最後だからこそ、伝わるものがあると思います。

全文はソースで:http://diamond.jp/articles/-/50846

このニュースに対するTwitterでの反応


このニュースの感想

確かに面接でこの質問が来たらそれまでの評価をひっくり返すチャンスだと思います。

自分の会社について大した調べていない人や関心のなさそうな人よりきちんと調べて質問を用意している人の方が面接をする側の評価も高いと思うので。

また、この際に重要になってくるのは質問する内容や質です。いかに面接官に対して鋭い質問が出来るか、「企業理念は何ですか?」など会社のサイトを見たらすぐ分かるような質問では逆効果だと思います。
どのような質問の質が高いのかという点に関しては下記記事にまとめてありますので、興味のある方は参照ください。

【参考記事】無内定速報:採用担当が語る就活の面接で聞かれた質の高い質問・低い質問

ソース元にもありますが、この「最後に何か質問ありますか?」で面接での通過率を上げるには「企業分析×仮説」だと思います。どちらかが0ではダメで、どちらもしっかり準備することで格段に通過率をアップ出来るのかなと。

企業の採用ページや代表メッセージ、業績、プレスリリースなどを見た上でその企業がどこに課題を抱えているのかいくつか仮説を立て、面接での最後で質問として「私は御社の○○や△△から××ではないかと思ったのですが、いかがでしょうか?」とぶつけることで面接官に好印象を与えることが出来るのではないかと思います。

慣れれば面接前日の1時間程度で出来ると思うので、Evernoteやノートにメモしておいて面接前の移動中や待っている間に見返すようにすると効果てきめんだと思います。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou