1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

デフレ,成長
 

ワタミ赤字転落で崩壊寸前 ブラック企業のビジネスモデル

ブラック企業の“ビジネスモデル”は、もう限界ということではないか。

大手居酒屋チェーンのワタミが1996年の上場以来、はじめて赤字に転落した。8日に発表した14年3月期連結決算は純損益が49億円の赤字。前年は35億円の黒字だったから、天国から地獄の様相だ。…

■時給を上げても人が集まらない

ワタミといえば、無理のきく20~30代の若者を低賃金でコキ使うことで成長してきたブラック企業の代表格だ。

求人情報会社によれば、飲食店のアルバイトの平均時給は12年1月の920円から25カ月連続で増えていて、942円に上がったという。バイトの給料がちょっと上がっただけで、経営が立ち行かなくなってしまう。ワタミの桑原社長も、決算発表の会見で「われわれの成長戦略が曲がり角に来ている」と認めていた。

“ブラックビジネスモデル”は崩壊寸前ということだ。…

人手不足は外食、サービス、建設業界などに広がっている。時給を上げても応募が増えないという。自業自得だが、とくにブラック企業の烙印を押された会社には、アルバイトが寄りつかない。

そもそも、人件費を安く抑えて、労働者を酷使してボロ儲けしようという発想が間違っていたのだ。ところが、安倍首相はさらに人件費を安くしようとしているのだから、どうかしている。…

アルバイトの平均時給が上がる一方で、正社員の所定内給与は22カ月連続で減少している。

アベノミクスで給料が増えるなんて大ウソだし、クビ切り自由の“限定正社員”や残業代ゼロの“ホワイトカラーエグゼンプション”を導入して、企業が安く使い捨てできる労働力をさらに増やそうとしているのが安倍政権です。…

全文はソースで:http://gendai.net/articles/view/news/150068

このニュースに対するTwitterでの反応


このニュースの感想

やったぜ。

>バイトの給料がちょっと上がっただけで、経営が立ち行かなくなってしまう。

今までのデフレ下でどんだけ労働力を搾取してたんだよって話。

そもそもデフレ下で成長する(=安さを維持する)ためには人件費か原材料費を削るしか無い訳で…。どちらも極限まで削ろうとした結果、すき家みたいなことが起こったと。

>人手不足は外食、サービス、建設業界などに広がっている。時給を上げても応募が増えないという。自業自得だが、とくにブラック企業の烙印を押された会社には、アルバイトが寄りつかない。

ほんこれ。これだけブラックな実態が明らかになってしまって、多少時給を上げるくらいでは自ら進んで応募する人はホントに少ないのではないかと思う。

>そもそも、人件費を安く抑えて、労働者を酷使してボロ儲けしようという発想が間違っていたのだ。
安倍政権云々は置いておいて、ここで方針転換が出来ないデフレ寄生型ブラック企業は衰退するのみだと思う。個人的には大変喜ばしいことだけれども。

こういう安さが売りの外食ブラック企業がなくなって困ると文句を言っている人は自ら進んで応募して支えてあげたら良いのでは?w


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou