1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

飲食,人手不足
 

【特報】ワタミ、アルバイト100人を正社員化

「エリア限定社員」を本格導入



ワタミは2014年6月から、「エリア限定社員」の制度を本格的に導入する。転勤を希望しない人にも門戸を開くことで、アルバイトからの正社員登用を増やす狙いだ。足元の景気回復に伴い、採用環境は厳しくなっており、制度を拡充することで人材の確保を急ぐ。働き方が多様化する中で、転勤を伴わないエリア限定社員を導入し、人材を囲い込む動きが労働集約型の産業を中心に広がってきた。

桑原豊社長が本誌の取材に対して明らかにした。

ワタミには、現在もエリア限定社員の制度はあるものの、賞与の支給がないなど、条件面の整備ができていなかった。アルバイトにとり、正社員になるメリットは少ないため、現在のエリア限定正社員は数名程度と、実質的にはほとんど機能していなかった。

今回新たに導入する制度では、エリア限定社員に対して賞与が支給されるほか、福利厚生も通常の正社員並みに拡充する予定。更に、エリア限定社員になれば、店長まで昇進することができるようになる。

給与は転勤を伴う正社員と比べると少ないが、転勤を希望しない人には需要があるとみている。この制度の導入で、現在は年間40人程度のアルバイトから正社員になる人の数を、100人程度まで引き上げる。

新制度導入の背景には、深刻な人材難がある。景気の回復に伴い、2013年後半から時給を上げてもアルバイトの採用が厳しくなった。特に影響が深刻なのは、店舗の運営をアルバイトに依存している外食などの労働集約型産業だ。実際、ゼンショーホールディングス傘下の牛丼チェーンのすき家は、アルバイトやパートが確保できないことを理由に、一部の店舗で営業時間の短縮を迫られている。…

環境改善で「ブラック企業」のイメージ払しょく

人材を囲い込むため、各社はアルバイトの正社員化を加速している。ただ、アルバイトには主婦などもいるため、転勤を希望しない人も多い。そこで、転勤を伴わないエリア限定正社員の制度を導入する企業が相次いでいる。…

労働環境が過酷な「ブラック企業」と批判されてきたワタミは、イメージ払しょくのため、労働環境の改善も急いでいる。全国に約640ある店舗の1割弱に当たる約60店を2014年度中に閉店することを決めた。閉店した店舗の従業員は、別の店舗に異動させる。アルバイトが足りない分、正社員にかかる負荷が大きくなっている現状を改善する。

全文はソースで:http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140507/264127/

このニュースに対するTwitterでの反応





このニュースの感想

いま小売業界や飲食業界で大ブームを引き起こしている限定社員ですか。
なぜこれらの人手不足な業界がこうまでしてバイトやパートを社員化させようとしているかは以前無内定速報内でも取り上げていますので、興味のある方はこちらを参照ください。

【参考記事】無内定速報:飲食や小売がパートやバイトを一斉に正社員にした理由wwww

さて、今回のワタミの記事ですがソース元を見ていくつか驚いたことが…w

>ワタミには、現在もエリア限定社員の制度はあるものの、賞与の支給がないなど、条件面の整備ができていなかった。

えっ…社員なのにボーナスなしだったのかよ…www 転勤ありの社員と同じ仕事量なのにボーナスなしってモチベーション下がるでしょ。それが今回やっとボーナスありになると。

>今回新たに導入する制度では、エリア限定社員に対して賞与が支給されるほか、福利厚生も通常の正社員並みに拡充する予定。更に、エリア限定社員になれば、店長まで昇進することができるようになる。

福利厚生も「通常の社員並に」って…。もうそれ社員じゃないじゃん…ww それで店長まで昇進しても仕事量が増えるだけでまた過労事件が起こるんじゃ…。

>給与は転勤を伴う正社員と比べると少ないが、転勤を希望しない人には需要があるとみている。

えー、これちょっと酷いなー。この条件でエリア限定社員になるメリットがほとんどないじゃん。これでこのエリア限定社員になりたいという人は出るんだろうか。

これだけ飲食や小売はブラックの悪評が広まって深刻な人手不足になってるのにこういった小手先の改善案を出してももう騙される人は少ないんじゃないかと思う。今や売り手市場で労働者が職を選ぶ立場なのに何も理解出来てないように思えるなー。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou