1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

先物営業,ブラック,詐欺
 

商品先物取引:「高齢者被害防げぬ」規制緩和に反発

経済産業省と農林水産省が打ち出した商品先物取引の規制緩和方針に、消費者庁や内閣府の消費者委員会が「消費者保護の観点から到底、認められない」と反発している。悪質業者からの被害を防止するため禁止された電話・訪問勧誘を、70歳未満などに条件付きで解禁する内容のためで、22日開催の消費者委員会本会議では両省の出席者に、委員から「再び高齢者の被害が相次ぐのではないか」との懸念が相次いだ。…

不招請勧誘は、商品先物業者の強引な営業などの深刻な消費者被害があったため、国会審議などを経て2011年から禁止。この結果、10年度に約3600件あった全国の消費生活センターへの相談が、13年度には約800件に減少。消費者委によると、同年度は相談者の51%が70歳未満だったという。

本会議で両省は、「東京商品取引所の出来高が、不招請勧誘の規制などでピーク時から約5分の1以下に減少し、過去3年間でも3割以上減っている」などとして、「理解度の高い顧客を取り込む必要がある」と市場活性化の観点から規制緩和の必要性を強調。ハイリスク取引であることの理解度の確認を徹底することで「高齢者らの被害は防げる」とした。

これに対し、消費者委の委員は「取引活性化になぜ、電話勧誘を認める規制緩和が必要なのか」などと方針撤回を強く要求した。…

昨年6月、政府が規制改革実施計画を閣議決定し、商品先物取引については「勧誘などの禁止事項について、顧客保護に留意しつつ市場活性化の観点から検討する」と規制見直しを関係省庁に要請。

一方、消費者庁などは今回の方針に反発し、4月8日には消費者委が「再び商品先物取引被害が社会問題化する危険性が極めて高い」と異例の意見書を公表していた。【江口一】

【ことば】商品先物取引

原油、金、農作物などの商品をあらかじめ定めた価格で売買することを約束する取引。比較的少額な「証拠金」で何倍もの取引ができるため、大きな利益を得られる可能性がある一方、証拠金以上の大きな損失を出す危険性がある。

全文はソースで:http://mainichi.jp/select/news/20140423k0000m040119000c.html

このニュースに対するTwitterでの反応






このニュースの感想

ブラック業界最強との呼び声も高い先物営業。
強引な電話営業や訪問営業で詐欺まがいな売り方をして絶えずトラブルも多発していたことから規制をされる羽目に。それが今回一部条件付きではあるが解禁されると。

先物取引はとにかく単価が高いので違法な物以外なら気合いと根性で何でも売りつけるというゴリッゴリの営業代行会社なんかからしたら売りたくてたまらん営業商材でしょw

あと893まがいの業者も多数参入してくるだろうからオレオレ詐欺を引き上げてこっちにシフトするという怪しい業者も多数出てきそうw 電話営業の場合は確度の高いリストとトークスクリプトさえあれば未だにホントに何でも売れちゃうからな…。

>消費者庁などは今回の方針に反発し、4月8日には消費者委が「再び商品先物取引被害が社会問題化する危険性が極めて高い」と異例の意見書を公表していた。

おー、あの消費者庁まで反対に動いてるんですね。これは今後どうなるのか見物ですね。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou