1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

日本,起業,少ない,理由,背景,原因

起業希望者、バブル期の半分…12年84万人

新たに会社を起こそうとする「起業希望者」の数が、バブル期の1987年の178万人から、2012年は約半分の84万人に減ったことが、経済産業省の調査で分かった。

長引く景気低迷で安定志向が強まり、積極的に起業するリスクをとろうという人が減ったものとみられる。…

白書では特に、今後の起業の担い手となりうる女性や若者、高齢者が起業しやすい環境を整えるべきだと提唱している。具体的には、起業した女性が優先的に子供を託児所などに預けられる制度の創設などが必要だと指摘した。

政府は昨年6月に打ち出した成長戦略で、企業の開業・廃業を促すことで新たな事業を創出する目標を掲げている。今回の調査結果を受けて起業しやすい環境整備を加速させる方針だ。

全文はソースで:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140421-00050103-yom-bus_all

このニュースに対するTwitterでの反応













このニュースの感想

これは資本主義経済国のあるべき姿としては非常に危険ですね。

起業する人が増えないと国内産業にイノベーションも起こらないし、既得権益層の癒着が増えるばかりで自由競争も生まれない。

>今後の起業の担い手となりうる女性や若者、高齢者が起業しやすい環境を整えるべきだと提唱している。具体的には、起業した女性が優先的に子供を託児所などに預けられる制度の創設などが必要だと指摘した。

さすが安定志向で仕事を選んだ役人さんの考えそうなことと言うか…本来やるべきこととは180度ズレているような。
まずは起業でも就職でもそうですが、失敗してもチャレンジ出来るような国としてのセーフネット・下地作りですよね。例えば起業の場合は国からお金を借りやすくするとか。日本で奥さんや子持ちがいて、かつ大した人脈もなく金銭的に余裕もない状態で起業するとかほぼ自殺行為に等しいですからね。

あと、この国のお互いに足を引っ張ろうとする、チャレンジを許さない、他人の成功を妬む、出る杭は打たれるといった文化も変えていかないと行けないんじゃないかと。ホリエモンなんか言動に棘があったにせよ凄い叩かれっぷりでしたからねー。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou