1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

自民党,売国,推進,ブラック,飲食,メリット,外国産
 

渡邉美樹参議院議員が「TPPはチャンス」と持論を展開

渡邉美樹参議院議員は14日、都内で行われた「ワタミ×花畑牧場 コラボレーションメニュー発表会」に出席し、環太平洋経済連携協定(TPP)について言及した。海外の農産物・畜産物にかかる関税が安くなって日本に入ってくることは、農家にとって「大チャンス」だと話した。

TPPは、人やモノなどの移動を自由にすることで、経済の活性化を目指す協定。日本をはじめ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシアなどの太平洋を取り囲む12か国が交渉に参加している。昨年末までの合意を目指していたが、交渉は難航し、いまだに合意にこぎつけられていない。

交渉が難航している理由の一つとして、農産物や畜産物の関税に関する考え方に、日米で溝があるからと言われている。アメリカは輸入品の関税全廃を目指しているとされているが、日本は国内の農家に配慮してか、「小麦」「コメ」「甘味資源作物(サトウキビなど)」などを「重要5品目」と位置づけ、関税の維持を主張しているという。

この現状に対し、飲食業を展開するワタミグループの創業者でもある渡邉参議院議員は、「日本の農業が成長するためにはTPPはチャンス」との持論を展開した。…

さらに、アメリカがじゃがいもを大量に輸入して、ポテトとして輸出していることを例に挙げて、「日本もお米の最大の輸入国になればいい。そしてそれを加工して、バンバン売っていくんですよ。日本の農家がもうかるためには、6次産業をしないといけない。そのためには、TPPは大チャンスなんですよ」と、語気を強めていた。…

全文はソースで:http://news.mynavi.jp/news/2014/04/18/546/

このニュースに対するTwitterでの反応



このニュースの感想

何言ってんだこいつ。もう余計な事喋らなきゃいいのに…。
ワタミもすき家と同じように人手不足で時給を上げざるような状況になっているみたいだから、もう削れない人件費の代わりに安い外国産の物を使ってコストカットするしかないんでしょうねー。そういうデフレ企業からだとTPPはチャンスだと思う。何なら何まで安い外国産で賄えるようになるから。

【参考記事】無内定速報:ワタミ、労働環境の改善を指摘され居酒屋の1割を大量閉店へ

ワタミファームとか作って国産野菜アピールしてたのは一体何だったんだろう。

>アメリカがじゃがいもを大量に輸入して、ポテトとして輸出していることを例に挙げて、「日本もお米の最大の輸入国になればいい。

何この暴論www そもそもアメリカは広い国土の巨大な農地だからそういうことが出来るのであって。それと比較するとかナンセンスすぎる。ホントこの人思いつきで言ってんだろうなー…。

自民党がこの人を公認してからことごとく党の評判を下げている気がする。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou