1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,入社,内定,決意,動機,理由

就活生の「入社を決めた理由」は多様化 “仕事そのもの”より“働く環境”を重視か?

早い人ではすでに内定・内々定が出始めるこの時期。そんなときに気になるのが「先輩たちの就活事情」だろう。…

今回は、先輩たちの「入社を決めた理由」を紹介する。

14卒学生の入社を決めた理由で、大きな変化は1位の「仕事に魅力を感じる」が下がり(13卒58.4%→ 14卒54.4%)、2位の「社風がよい」が伸びた(13卒32.1%→14卒36.9%)ことである。

さらに詳細を見ると、「安定性(経営基盤)がある」(20.9%)、「勤務地が希望に合った」(17.2%)、「社会的貢献度が高い」(15.4%)の評価が上がっている。逆に評価を下げたのは「自分を高く評価してくれた」(18.6%)、「成長性・将来性がある」(15.4%)、「知名度がある」(11.6%)だ。これだけでは一定の基準が見出せない。それぞれの学生がそれぞれの価値観を持って就職企業を選んだように受け取れる。…

企業が面接以外にも選考の過程で社員と接する機会を増やしていることもあり、学生は“仕事そのもの”よりも、“働く環境”を重視したのではないだろうか。毎日通う場所となるだけに、職場の人間関係に重きをおいて企業を選んだ可能性がありそうだ。…

全文はソースで:http://diamond.jp/articles/-/51840

このニュースに対するTwitterでの反応









このニュースの感想

別のニュースで見たのですが、最近は就活生の大手&安定志向が以前に比べて高まっているとか。それを裏付けるようなアンケート結果ですね。

>14卒学生の入社を決めた理由で、大きな変化は1位の「仕事に魅力を感じる」が下がり(13卒58.4%→ 14卒54.4%)、2位の「社風がよい」が伸びた(13卒32.1%→14卒36.9%)ことである。
>さらに詳細を見ると、「安定性(経営基盤)がある」(20.9%)、「勤務地が希望に合った」(17.2%)、「社会的貢献度が高い」(15.4%)の評価が上がっている。
何をもって社風としているのかはここからだけでは読み取れませんが、安定性や勤務地などと合わせて働く環境重視に変わっているのは確かなようです。勤務地に関しては下記記事と合わせて働く場所に関しても重視している傾向にあるようです。

【参考記事】無内定速報:新入社員の約6割が「海外赴任は嫌だ」世界とは逆に年々高まる国内志向…

>逆に評価を下げたのは「自分を高く評価してくれた」(18.6%)、「成長性・将来性がある」(15.4%)、「知名度がある」(11.6%)だ。

これは東証一部上場の大手で知名度がある企業といえど、決して良い職場環境ではないことがすっかり知れ渡っちゃっているからな気がします。ワ○ミとかゼ○ショーとか、光○信とかユ○クロとか。

>企業が面接以外にも選考の過程で社員と接する機会を増やしていることもあり、学生は“仕事そのもの”よりも、“働く環境”を重視したのではないだろうか。

確かに入社するまでどんな仕事をやらされるか分かりませんからねw オフィスや会社紹介が一件すごい華やかそうに見えても中身はゴリゴリの気合いと根性が全てのド営業会社だったりすることは良くある事で(静かなエントランスの壁1枚向こうではゴリゴリのテレアポしてる声や営業部長の数字上げろの怒号が飛び交ってたりはよくありますw)、内定を承諾する前に人事以外の中で働く人の表情や実際に働いている会社の執務室の中の様子を見せてもらったりすることはブラック企業に入らないためにも入社後のミスマッチを防ぐ意味でも大事なことかと。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou