1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

アニメ,制作,ブラック,うつ,激務,自殺

カルテに「月600時間労働」 アニメ制作会社勤務だった20代男性の過労自殺認定

東京都のアニメ制作会社「A-1 Pictures」に勤め、平成22年10月に20代で自殺した男性について、新宿労働基準監督署が過労によるうつ病が原因だったとして労災認定したことが18日、分かった。遺族側代理人の弁護士が明らかにした。認定は11日付。

弁護士によると、男性は18年に正社員として入社。会社にタイムカードで労働時間を管理する仕組みはなかったが、通院した医療施設のカルテには「月600時間労働」などの記載があった。

男性は人気アニメの「おおきく振りかぶって」「かんなぎ」などの制作進行を担当していた。

新宿労基署は在職中にうつ病を発症し、その前の2~4カ月に少なくとも100時間を超える残業があったと認定した。…

全文はソースで:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140418/dst14041818130008-n1.htm

このニュースに対するTwitterでの反応














このニュースの感想

昔からアニメ制作会社は超絶ブラックと言われていましたがこれほどとは…しかもサビ残サビ残で給料もめっちゃ安かったりするんですよね。
600時間という事は単純に考えて1日20時間労働×30日。食事やトイレ・風呂などの時間を除くと恐らく睡眠時間は1日平均で1時間ちょっととかだったのかも…。自殺する前は楽になること以外、完全に何も考えられなくなっている状態でしょうね…。

アニメ制作業界は最近は日本だと人件費が高いのでコストカットのために韓国に外注するレベルの劣悪ぶりらしいです。その結果アニメの中に意図的にハングル語を入れられたり、韓国ステマが問題になっているとか。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou