1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,面接,回答,NG

「他社キャラ好き」はOK、「転勤3回ムリ」はNG 就活の合否を分ける“面接失敗の境界線”

学生にとって就職活動といえば、人生を大きく揺るがす一大事。些細な事が合否を左右しかねないため、選考中は緊張がピークに達する人も多いでしょう。しかし、緊張すればするほど、やってしまいがちなのが「失敗」です。…

では、そんな就活生も知っておいて損はない、先輩たちが過去にやってしまった就活での失敗にはどんなものがあるのでしょうか。

新聞読んでる?今日の一面は?予想外の質問にウソをついて大失敗!



まず、多くの就活生がやってしまいがちなのが、予期しない質問などを受けた場合にその場しのぎでウソを言ってしまう失敗です。

「面接官に新聞は読んでる?と聞かれ、出来るだけ読んでると答えました。しかし、その後、なら今日の一面は?と聞かれ答えることが出来ませんでした。その時に面接官に、言ってる事と矛盾してるね。と言われました。これは、君は嘘つきなんだね?って言ってるのと同じですよね…」…

1つ目の「新聞を読んでる?」は、面接でよく聞かれる質問です。例え読んでいなくとも、自分をよく見せたいがために「読んでいる」と言ってしまいがちですが、それが本当か突かれる可能性もあるのでウソをつくのは要注意です。…

セーフは「競合他社のキャラ好き」アウトは「御社に合格しても就活続ける」



<セーフだったエピソード>

【例その1】

「面接のときに『うちのキャラクターで好きなキャラクターは?』と聞かれ、別のメーカーのキャラクターを答えてしまい面接官に大爆笑されてしまいました」

→結果:「結果は採用でした。私のハツラツとした人間性を気に入ってくれたようです」…

<アウトだったエピソード>

【例その3】

「第3志望企業の面接での終盤の悲劇です。面接官:『ウチから内定が出たら就職活動は続けますか?辞めますか?』私:『御社に入社することは必ずお約束いたしますが、他社の説明会などには参加してみたいと考えております』面接官:『本当に続ける?』私:『はい』」

→結果:「この最後の失態さえなければ…と就活が終わった今でも悔やんでいます」

【例その4】

「面接官『わが社は転居を伴う転勤がありますが、その辺はどうお考えですか?』…(中略)…私『3回以上になると厳しいと思います』面接官『こちらとしましても1、2回でとどまることも保障できませんが…』私『それ以上となるとちょっと考えてしまいますね』

→結果:「面接官『どうやらわが社とあなたは合わないみたいですね。このまま面接を続けてもお互いによくないでしょうから、これで面接を終わりにします』」

上記のエピソードなどを集計すると、セーフな失敗とアウトな失敗は、以下のようにまとめられました。

<セーフ(合格)>

・競合他社のゲームキャラクターを好きだと答えてしまった
・焦ってめちゃくちゃなことを言ってしまった
・企業方針を聞かれ、「わかりません」と答えた
・セミナーに参加していなかった
・親の年齢を答えられなかった
など

<アウト(不合格)>

・他に受けている会社名を具体的に答えてしまった
・(自社の内定が出た後も)就職活動を続けるか聞かれて、「続ける」と頑固に答えてしまった
・「3回以上の転勤は厳しい」と答えてしまった
・予期しない質問にその場しのぎで答えてしまった
など

もちろんこれらは、あくまで受験者が分析する成功・失敗の理由であるため、本当に合否の“決め手”になったかどうかはわかりません。ただし、合格した人たちに共通するのは「元気よくはっきりと受け答えすることで、面接での多少のミスはカバーできた」ということ。例え、トンチンカンな回答をしてしまったとしても、それを補うだけの人間性や「この子と一緒に働いてみたい」と思わせる魅力があれば、失敗はいくらでも挽回できているのです。…

このように信じがたい受け答えで失敗してしまった人も…。きっと緊張から来たものだと思いますが、面接は「慣れ」でカバーできる部分があるのも間違いありません。些細な失敗にめげることなく、誠実な態度で面接に臨み、場数を踏んでいくことが内定獲得への道ではないでしょうか。…

全文はソースで:http://diamond.jp/articles/-/50657

このニュースに対するTwitterでの反応










このニュースの感想

ソース元のNGだった例は回答した内容というよりかは根拠のない謎の発言が原因じゃないかと。

>私:『御社に入社することは必ずお約束いたしますが、他社の説明会などには参加してみたいと考えております』
こんなん言われたらリアルに「ファッ!?」ってなるわww

転勤の例もそうですが、就活生側も何を根拠に3回以上の転勤はNGと言ったのか謎という…w こういう根拠のない謎の発言がマイナスポイントだったっていうのはありそうな気がします。

>・他に受けている会社名を具体的に答えてしまった

正直これで落とされるとは考えにくいと思います。上記のように前後の文脈に謎の支離滅裂な発言があったんじゃないかと。

>ただし、合格した人たちに共通するのは「元気よくはっきりと受け答えすることで、面接での多少のミスはカバーできた」ということ。例え、トンチンカンな回答をしてしまったとしても、それを補うだけの人間性や「この子と一緒に働いてみたい」と思わせる魅力があれば、失敗はいくらでも挽回できているのです。

これはその通りだと思います。言ったしまったことを悔やんでも仕方ないので、引きずらず違う質問の回答で挽回するよう心がけるのが良いかと。元気よく笑顔でというのは地味に大事な要素だと思います。自分の場合は矛盾を突っ込まれたら笑顔で「あれ?すみませ〜ん、間違えてました〜」と素直に謝るようにしていました。(次の質問からはボロを出さないよう頭を全力回転させる)

>きっと緊張から来たものだと思いますが、面接は「慣れ」でカバーできる部分があるのも間違いありません。些細な失敗にめげることなく、誠実な態度で面接に臨み、場数を踏んでいくことが内定獲得への道ではないでしょうか。

これもそうですね。やっぱり慣れは大事だと思います。面接も数打ちゃ当たるをやりすぎると逆効果だと思いますが、ある程度志望業界の企業をいくつか受けてると大体似たような質問が来ると思うので、その中で自分なりの傾向と対策を練るのが良いのではないかと。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou