1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,GREE,DeNA,CA,サイバー,評判

激変、東大生の就活!新御三家はこの3社!

商社、金融を押しのける人気のメガベンチャー

外資系の金融機関やコンサルティング会社が、総合商社とともに東大生の就職先の「御三家」と呼ばれたのも、今は昔。2008年のリーマンショック以降、特に外資系金融の人気はピークを打った。代わりに「新御三家」として台頭したのが、ディー・エヌ・エー(DeNA)、グリー、サイバーエージェントの「メガベンチャー」3社だ。…

3社の中でもトップ層の学生たちを引き付けているのがDeNAだ。一橋大学4年生で、すでに音楽プロデューサーとしてプロ契約を結んでいる中嶋竜太さん(25)も、複数の外資系企業の内定を蹴って同社を選んだ。

乱暴な言い方をすれば、現状のDeNAはソーシャルゲームの会社でしかない。しかも、近年はパズドラなど他社のゲームが台頭し、一時ほどの勢いはない。何がそんなに魅力的なのか。

マッキンゼー出身の南場智子氏が創業したDeNAは、ロジカルシンキングと猛烈な仕事量を追求する「知的体育会系」の企業だ。「社員が思考の速さ、深さ、正確さを兼ね備えていて圧倒される。こんな人たちがいるのかと驚いた」。前出の中嶋さんはそう語る。
夏の短期インターン「スタディグ」や本選考内のジョブ選考で行われる泊まり込みの合宿には、多くの社員が参加する。こうした場を通じ社員と長時間接することで、参加報奨金の10万円(インターンの場合)を目当てに興味本位で参加した学生も、同社への認識を改めていく。

インターンの場合、3~4泊の合宿で新規事業立案のワークなどを実施。学生6人程度のチームごとに、役員クラスと若手のエース級社員の2人をメンターとしてつける力の入れようだ。そして学生たちが口をそろえて語るのが、メンターによる指導の厳しさ。「とにかくボコボコにされる。『ここの収益性はどうなの?』『なぜそうなるの?』と徹底的に詰められる」(中嶋さん)。 …

DeNAとグリーは似て非なる会社



だが、目を輝かせてその魅力を語る学生の多くは、実はソーシャルゲームにはあまり興味がない。彼らのお目当ては新規事業だ。

ネットオークションを祖業とし、モバイル広告、ソーシャルゲームと新たな業態に転じてきたDeNAは、新規事業の創出に積極的だ。「今はたまたまエンターテインメントの会社だが、事業領域を定めていない。学生は『この会社なら何でもやれる』と感じるようだ」(DeNA人材開発部の内藤誠人氏)。競合のグリーは稼ぎ頭のゲームに注力する現実路線を取っており、学生にとっては似て非なる会社と映る。

学生ノリのサイバー 新人社員を大胆抜擢

サイバーエージェント社員がAKB48の曲で踊る動画は「キラキラ社員」と話題に

新御三家の中で、別の魅力を放つのがサイバーエージェントだ。学生たち曰く、「リア充(ネット空間ではなく現実の生活が充実していることを意味するネットスラング)の会社」。…

その学生サークル的なノリは同社を象徴している。 …

そのため、選考も人物重視。総合職の場合、書類選考や筆記のSPI試験はなく、グループワークや5~6回にわたる面接で採用を決める。「ポジティブで一緒に働きたいと思える人を採る」(上村氏)。

藤田晋社長は日頃から「新しい日本的経営」を標榜。飲みニケーションの代金として1人当たり月5000円を支給するなど、和を重んじる企業風土の形成に力を注いでいる。4月に入社する早稲田大学4年生の竹尾正馬さん(23)は、「独特の雰囲気が揶揄されることもあるが、規模が大きくなってもベンチャーっぽさを維持している。それを作った藤田さんはやはりすごい」と語る。

若手の抜擢にも積極的だ。新卒入社したプロパー社員で子会社取締役に就いているのは現在、実に42人。新卒1年目で子会社ナナ・ゴーゴーの社長となった森正樹氏や、入社前の内定段階で11年に子会社シロクの社長となった飯塚勇太氏のような例も珍しくない。 …

社員数2000人規模のメガベンチャーでは、自分の働きで会社が成長するのを実感したり、社長からじきじきに薫陶を受けたりといったことは期待しにくい。一方で、大規模な事業にかかわることができ、潤沢なキャッシュを利用してやれることの幅は広い。大企業とベンチャーのいいとこ取りをできることが、学生たちを引き付けている。

全文はソースで:http://toyokeizai.net/articles/-/34081

このニュースに対するTwitterでの反応








このニュースの感想

個人的に行きたい会社の順位を付けるとしたら(外コン=総合商社)>DeNA>(超えられない壁)>CA>GREEですかね…。

てかボスコンとかマッキンゼーから内定あるなら悪い事は言わないからそっちに行っておけよとwww ガチでもったいなさすぎるwwww

中の人の話を聞く限りはやっぱり本格的な外資系コンサルティング会社と比べちゃうと全く似て非なるものだと思います。なのでコンサル系の仕事がしたい人はDeNAではなく素直に外コンを目指すべきかと。

ただ、DeNAはソース元でも書かれているように、続々と上手いタイミングで新規事業を立ち上げて時代の波に乗るのが上手い会社だと思うので、将来的に独立して起業したい人にはすごく勉強になる良い会社だと思います。自分も大手家電とDeNAの内定があったら迷わずDeNAに行きます。勢いあって楽しそうだし。

サイバーはリア充でワイワイした雰囲気が好きな人には合っているんじゃないかなと。大学時代オールラウンドサークルに居た人なんかには間違いなく天国だと思いますw

GREEは…あっ…(察し)

でも個人的にはこの3社はもはやベンチャーっていう規模ではないと思うw


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou