1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

東電,東京ガス,値上がり,制度,なぜ,解説

電気・ガス、5月大幅値上げ 消費増税、燃費高で

全国の電力10社と都市ガス大手4社は28日、5月の電気・ガス料金を発表した。原燃料費調整制度に基づく値上げに加え、消費税率引き上げ分と再生可能エネルギーの買い取り制度に基づく上乗せ額の増加も加わり、全社が4月に比べて大幅な値上がりとなる。

標準的な家庭の料金は全社で現行制度が導入された2009年5月以降で最高となり、家計負担も増えそうだ。 …

最大は東京電力で、関西電力の394円、中国電力の384円が続いた。…

全文はソースで:http://www.47news.jp/CN/201403/CN2014032801002013.html

このニュースに対するTwitterでの反応









このニュースの感想

何かに理由付けて年々料金が上がってるような…。

>原燃料費調整制度に基づく値上げに加え、消費税率引き上げ分と再生可能エネルギーの買い取り制度に基づく上乗せ額の増加も加わり、
>標準的な家庭の料金は全社で現行制度が導入された2009年5月以降で最高となり、家計負担も増えそうだ。
これは辛い…貧乏人には辛い…。

原燃料費調整制度とは…経済情勢を迅速に料金に反映させるため、原料費の変動に応じて料金が変化する制度。原料の貿易統計価格の3ヶ月の平均値に基づき料金を毎月調整する。(資源エネルギー庁より)

再生可能エネルギーの買い取り制度とは…再生可能エネルギー源(太陽光・風力・水力・地熱・バイオマス)を用いて発電された電気を国が定める一定の価格で電気事業者に調達を義務づける制度。電気事業者が調達した再生可能エネルギー電気は、送電網を通じて普段使う電気として供給される。このため、電気事業者が再生可能エネルギー電気の買取りに要した費用は、電気料金の一部として国民が負担をする。(資源エネルギー庁より)


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou