1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就活,就職活動,イケメン,美女,有利

就活戦線で「自分は有利」と感じること 1位「学歴」、2位「容姿」

マクロミルが就職活動中の大学3年生と大学院1年生300人を対象にアンケートを実施したところ、自分の経験・スキル以外のことで「就活に有利と感じること」の1位は「自分の学歴」で32.7%。2位は「自分の容姿」で20.3%だった。 …

大事なのはそんなモノではない、と言いたいが…

就活サイトの利用が一般的になる中、応募者が多すぎて選別が難しい人気企業は、大学名による「足切り基準」を密かに設けているところもある。「学歴で有利」と答えた有名大の学生は「自分は大丈夫」とほくそえんでいるのだろう。

「容姿で有利」と答えた学生は、「僕はイケメン」「私は美人」だから就職に有利だと自信を持っているのだろうか。仕事に容姿は関係ないという考えもあるが、採用には大いに関係するという見方も根強い。

ストッキングの福助が2013年秋に企業の新卒採用担当者200人を対象に調査を行なったところ、95%が「見た目が面接の印象を左右する」と回答。さらに、68.5%が「見た目採用はある」と答えている。

2011年に日本テレビ系のバラエティ番組が人材派遣会社の男性採用担当者3人に、一般学生と女性モデルをまぜて面接させる実験を行ったところ、いずれもモデルが選ばれたという結果が出たこともあった。…

信憑性は明らかでないが、営業用にイケメン、美人を採用して何が悪いという経営者がいるのも確かだ。容姿の優劣は話し方や表情でも大きく変わる、といいたいところだが、そんな慰めなど就活生には通用しなさそうだ。

全文はソースで:http://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_1208.html

このニュースに対するTwitterでの反応








このニュースを就活にどう活かすか

ぶっちゃけこれは仕方ないというか…確かに大企業とかだと何万通も応募が来る訳で、そこから効率的に人を選定するとしたら学歴順、それ以外だと見た目の良い人(特に美女)、という感じになってしまいますよね。
最近だと日本でも就活で少しでも見た目をよくするために整形をする人が増えているとか。ただ、整形だと費用もかかるし、多少なりともリスクや精神的な負担もあると思うので、ここは現実的に少しでも第一印象を良くする方向で考えるのが良いかと思います。

ハキハキとした元気な受け答えや、しっかりと面接官の目を見て話す(ガン見しすぎると怖がられるので鼻あたりを見るのが良いかと)、見た目の清潔感(ヒゲの剃り残しやスーツの汚れがないか・ジャストサイズなものを着ているか・着崩していないか、髪型は小綺麗に整っているか、など)で大分カバー出来るように思えます。

面接前にトイレなどで見た目の確認をする癖を付けておくと良いかと。(意外と男子でこれをする人がいないので)


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou