1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

自民党,ワタミ,非正規,派遣,増加,推進

「愛はお金じゃない」と渡邉美樹氏 「金持ちが言っても説得力ない」と勝間氏噛み付く

かつて「一億総中流」と呼ばれた日本だが、その中間層に異変が起きている。2014年3月24日の「TVタックル」(テレビ朝日系)は、日本の格差社会の実態を浮き彫りにしていた。

厚生労働省の調査では、ここ20年あまり(1994~2011年)で一世帯あたりの平均所得金額が100万円以上も低下し、年間所得200万円未満世帯のいわゆる「貧困層」の割合が2割近くに急増したという。 …

そんな世の中を反映するように、ここ数年、女性が結婚相手に求める条件は「正社員の男性」になっているという。番組の街頭インタビューでも、「結婚相手には正社員であることを求めます」「公務員が良い」「(非正規は)将来が不安」との声があった。

厚労省の調査では、20代の独身男性で交際相手がある割合は、正規雇用30.7%、非正規が18.7%で、非正規の方がモテないのが現実だ。更に非正規の男性は、結婚願望自体も低い。自分が日々生活するのに必死で、結婚して妻子を養うことを考える余裕がないのだ。 …

片山氏「正社員にとって代われるチャンス」

その渡邉氏が議員として所属する自民党・安倍政権は、更に非正規雇用を増やす労働者派遣法を改正しようとしている。派遣契約3年という期限をなくし、人を入れ替えれば無期限に派遣を使い続ける事が可能になるというのだ。

和光大学の竹信美恵子教授は「正社員が1割2割で、あとは全部派遣社員または非正規雇用という会社ができて行く可能性がある」「正社員も派遣にどんどん置き換えられて、格差はどんどん広がっていく」と予測していた。

この状況を、雇用する側はどう捉えているのか。再び話題を振られた渡邉氏は、グローバル化で世界と戦うためにも「多様な働き方を用意すべき」と語った。

「誰でも正規社員に、というのはどうかと思っています。(現にワタミでは)7割くらいの方が、非正規でいたいと望んでいる。待遇を厚くして、非正規の方でも豊かに暮らせるような方向性で」

待遇アップをワタミがやるという話なのかと思いきや、「社会保障や退職金をしっかりつける。それを(非正規の雇用につけることを)例えば派遣会社に義務付けて、安心して非正規ができる社会の方がいいなと僕は思います」とのこと。

同じ自民党の片山さつき議員も、「(法改正は派遣社員が)仕事しない正社員にとって代われるチャンス」というが、正社員の仕事を「仕事できる派遣社員」に置き換える制度になれば、非正規雇用が増えることになるのではないか。 …

全文はソースで:http://news.nicovideo.jp/watch/nw1002361

このニュースに対するTwitterでの反応











このニュースの感想

片山さんの発言はどんなに腹の中で思っていても口に出してはいけない発言だったと思う。

この人自身、そういう非正規の立場に立ったことがないのに、こういう発言をするということは非正規の人の気持ちを逆撫でするだけのはず。誰だって非正規に落ちたくて落ちている訳ではないのに。まるでカイジの鉄骨渡りでニヤニヤしながら金のない若者が死ぬのを楽しんで見ている金持ち連中みたい。

ただでさえ、ブラック企業にボロ雑巾のように使い捨てられて心身を病んで社会復帰出来なくなったり、正社員になれなくて自殺する人がたくさんいるのに。
政治家としてはむしろポーズだけでも1人でも多くの正社員を増やすように努力すると発言するべきだったと思う。

>待遇アップをワタミがやるという話なのかと思いきや、「社会保障や退職金をしっかりつける。それを(非正規の雇用につけることを)例えば派遣会社に義務付けて、安心して非正規ができる社会の方がいいなと僕は思います」とのこと。

この発言はさすが安定のワタミというか自民党というか…。もはやこの人の頭の中には正社員を増やして雇用を安定させる事は考えていないんだなとよく分かりますね。何の為に議員になったんだか…。

今の有権者が政治家に何を期待しているのか、望んでいるのか、全然理解していないように思えますね…。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou