1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

就職活動,ミスマッチ,長期化,複雑,原因,リクルート

2014年就活に何が起きた? 入社予定者の満足度「大企業ほど大きく低下」

今年の新卒採用について、大企業から「量は確保できたが、質は不満」という声が出ているようだ。リクルートの「就職白書2014」によると、12月時点での採用数が「計画通り」あるいは「計画より多い」とした回答は、5000人以上の大企業で67.7%となった。

一方、入社予定者への満足度について、「満足」と回答したのは、5000人以上の企業で71.0%。十分高い数字にも思えるが、前年と比較すると8.1ポイントも下落している。

優秀な人材が「ベンチャーや外資に流れた」説も

満足度は、全体でも1.8ポイント下がっているが、1000人以上5000人未満の層では0.2ポイント増加。大企業での大きな下落が目立つ。…

就活生の大企業志向は依然として強いといわれるが、それは「フツーの学生」の話だ。いまどきの優秀な学生は、国際的競争力の低い邦銀や、リストラ真っ最中の総合電機メーカーなどにわざわざ就職することはないだろう。

成長フェーズにあるベンチャーは、「横並び」や「終身雇用」「年功序列」という言葉に魅力を感じない優秀な人材に、多額の報酬を準備している。大企業は「安定を求めるフツーの人材」のたまり場になってしまうのだろうか。 …

また、大企業が入社予定者に満足しないのは、巨大就職情報サイトを使った「今どきの就活スタイル」が原因となっているという見方も強い。

ミスマッチを引き起こす「一括エントリー」方式

ネット就活では、学生は少しでも多くのチャンスを手に入れるために、興味のあるなしに関わらず多くの企業にまとめて「一括エントリー」を行う。1人で100社エントリーも珍しくない状況だ。

このため、企業は大量の応募をさばかなくてはならず、一人ひとりに時間をかけて審査することができなくなった。これにより、大して志望度の高くない学生が、学歴や、面接でのささいな印象だけで内定を取ってしまうこともある。

それが後々の「ミスマッチ」につながっていく、というわけだ。…

リクルートキャリアが運営する就職みらい研究所の岡崎仁美所長は、白書の内容を踏まえ、「2015年卒は採用競争が一段と激しさを増す」と予測している。

ただ、古い体質の日本企業が採用活動を早めても、優秀な人材の獲得につながる保証はない。 …

全文はソースで:http://blogos.com/article/82592/

このニュースに対するTwitterでの反応










このニュースを就活にどう活かすか

これを調査したのがリクルートという所が面白いですねw
個人的にはこの調査結果には企業側・学生側に双方の背景があると思います。どちらに共通するのも今の就活には辟易している、という所かと。

企業側、特に大企業はほとんどが大手就活サイトを経由して学生を募集していると思うので、恐らく就活サイトの担当営業マンからこう言われているはず。

「良い学生を集めるには母数が大事!まずはエントリーさせましょう!」
「良い学生の条件とは一流大卒!美男美女!体育会系!積極性!リーダーシップ!留学経験!コミュ力抜群!外国語堪能!ボランティア経験!」

その結果として、就活本をコピーしたような外面だけ取り繕ったボロを出さないテンプレ就活生を採用してしてしまい、調査結果のような「こんなはずじゃなかった…」となっているような気がします。

学生側からすると、就活本や自己啓発まがいの怪しいセミナー、高額の就活塾など、今の化かし合いのような就活に辟易してしまい、だったら自分の実力をストレートに認めてくれるベンチャーや外資に行こう、となるのかと思います。

どちらにせよ、ソース内でも指摘されているように、大手就活業者による「就活生の均一化」が昨今のようなミスマッチを生み出す元凶になっているのかと。

以前、伸び盛りのベンチャー企業の人事の方と話したことがありますが、早慶やMARCHなど一般的に高学歴と言われる学生ほどインターンに応募をしてくる傾向にあるようです。また、それがきっかけでその学生の採用に繋がった例も多いとか。

日本の大手企業が昨今の化かし合いのような就活をける限り、今後ますますこうした就活サイトを使わない採用活動が活発になりベンチャーや外資に優秀な学生が流れて行きそうですね。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou