1: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/00/00 00:00:00 ID:nntsokuhou

なまぽ,誓約書,人権無視,侵害,自己責任

生活保護申請で女性に誓約書 「異性との生活禁止」

京都府宇治市の職員が、生活保護を申請した母子世帯の女性に対し、異性と生活することを禁止したり、妊娠出産した場合は生活保護に頼らないことを誓わせたりする誓約書に署名させていたことが13日、分かった。

市によると、誓約書は、ケースワーカーが個人的に作成し、母子世帯のほか、外国人などへの誓約事項を列挙。「日本語を理解しないのは自己責任。仕事が見つからないとの言い訳は認められない」とも書かれていた。市は不適切だったとして、関係者に謝罪した。 …

全文はソースで:http://www.47news.jp/CN/201203/CN2012031301000431.html

このニュースに対するTwitterでの反応











このニュースの感想

うーん、流石にこれは超えちゃいけないラインを超えてるような。妊娠・出産まで誓約書に書かせるのは女性の人権無視と捉えられてもおかしくないですね…。
また、この相手が外国人の生活保護受給者だったというのが火種になりそうですね。どこの国の女性かは明らかにされていませんが、もし難民だった場合に「日本語が分からないのは自己責任。仕事が見つからないのは言い訳」

生活保護関連で健康なのに働く意志がない人が叩かれるのは仕方ないと思うのですが、病気や障害を持った人、難民など特殊な事情があり働く事が困難な人まで一緒くたにされて叩かれるのは可哀想な気がします。

政府には健康で働くことが出来る生活保護者の就労を積極的に促すのと同時に、働いたら負け状態をなくすためにもブラック企業の是正にも見て見ぬ振りをするのではなく積極的に踏み込んで欲しいなと思います。


1001: 以下、名無しにかわりまして無内定速報がお送りします 2014/01/01 01:23:45 ID:@nntsokuhou